コロナに負けるな!恒例「絶叫大会」 田植え後の田んぼで児童が夢叫ぶ【佐賀県】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/06/23

サガテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

鳥栖市の小学校で恒例の「絶叫大会」が開かれ、田植えが終わった田んぼで子供たちが将来の夢を叫びました。

鳥栖市の基里小学校では、「子供たちに食育や農業の大切さを知ってほしい」と約20年前から田植え体験を行っています。

2022年は5年生、約60人が地域の農業関係者らとともに小学校近くの田んぼで汗を流しました。

また、田植え体験の後に開かれたのが、「絶叫大会」児童はそれぞれの夢を叫びました。

【女の子】

「アイスクリーム屋さんになりたい」

【男の子】

「物理学者になりたい」

【女の子】

「幸せになりたい」

絶叫大会は、基里小学校が「コロナ禍でも子供たちに大声を出せる機会を」と2020年から行っています。

大声を出した後の児童は笑顔を見せていました。

【参加した児童】

「大きな声で言えたのでとっても楽しかったです!」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加