ラトビアとの強化試合が迫る女子日本代表...オコエ桃仁花「自信をつけてW杯に臨めるように」

ラトビアとの強化試合が迫る女子日本代表...オコエ桃仁花「自信をつけてW杯に臨めるように」

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2022/08/06
No image

ラトビア代表との三井不動産カップに向けて意気込みを語ったオコエ[写真]=伊藤 大允

8月4日、「三井不動産カップ2022(宮城大会)」に向けて強化合宿を行っている女子日本代表(FIBAランキング8位)のオコエ桃仁花(富士通レッドウェーブ)がオンライン会見に応じた。

9月22日からオーストラリアで開催される「FIBAワールドカップ2022」に向けて強化を行っている女子日本代表は、8月11日、12日にFIBAランキング24位のラトビア代表と対戦する。

ゼビオアリーナ仙台で行われるラトビアとの「三井不動産カップ2022(宮城大会)」についてオコエは、「ワールドカップ前に日本でできる最後の試合なので、お客さんに楽しんでもらえるプレーといい内容の試合をして、自信をつけてワールドカップに臨めるようにしたいです」と意気込んだ。

6月に行われた「三井不動産カップ2022(千葉大会)」ではトルコ代表と対戦。オコエは初戦で15得点3スティール、続く第2戦でも11得点5リバウンド4アシストと存在感を発揮し、日本の2連勝に大きく貢献した。

今回の会見では「トルコ戦で負ったケガが少し長引いてしまった」と明かしたオコエだが、「最近になって痛みもなくなってきて、ラトビア戦に向けていい練習ができています」と語り、コンディションも上がってきているようだ。

今回の代表には髙田真希(デンソーアイリス)や渡嘉敷来夢(ENEOSサンフラワーズ)などのベテランも顔をそろえる中、「年上の選手たちはいつも引っ張ってくれて、プレー面でも練習から安定しているのがすごいです」と先輩たちについて語った。

現在23歳のオコエだが、前回2018年のワールドカップにも出場し、その後は東京オリンピックやアジアカップと多くの国際大会を経験している。「いろいろな大会を経験させていただいて自信がつきました。4年前のワールドカップも経験しているので、連戦でのコンディショニングなどもわかっています」と力強く語り、大舞台へ向けての気合は十分なようだ。

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加