15歳を祝う「立志式」将来への決意を発表・山形

15歳を祝う「立志式」将来への決意を発表・山形

  • 山形放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

数え年で15歳を祝う元服にちなんで、将来への決意や目標を発表する「立志式」が25日、東根市の中学校で行われた。

数え年で15歳を祝う元服にちなんで、将来への決意や目標を発表する「立志式」が25日、東根市の中学校で行われた。

「座右の銘は「一期一会」意味は一生に一度しかない出会い自分は将来自分だけでなく周りの人にも幸せを伝えられるような人になりたい」

東根市立第一中学校で25日に行われた「立志式」には、数え年で15歳になる中学2年生、142人が出席した。生徒たちは、自分の決意を表す座右の銘を色紙に書き、それぞれの目標や、将来の夢を発表した。

「私の座右の銘は『笑う門には福来る』将来漫画家になって読んだ人が笑顔になれるような漫画を描きたいと思っているので、この座右の銘にした。これからはこの考えを大切に生きていきたい」

式には保護者も参加し、大人に近づいたわが子の姿を見守った。

女子「一意専心。今まで目標をはっきり立てることが少なかったのでしっかり目標を立ててまっすぐ取り組めるようにと思って書いた」

母「来年の受験に向けて自分に厳しく立てた目標に向けて頑張ってほしい」

男子「日本代表のハンドボール選手という夢に向かって頑張りたいと思ったので書いた」

母「最近反抗期で、会話があまりなかったがこういう場を設けてもらい本音を聞けてサポートしていきたいという気持ちになった」

生徒たちは、堂々と自分の目標を発表し、将来への決意を新たにしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加