豪雨の中、送迎した私を見捨てて「僕帰ります」って、えー!? 2年前の夜に起きた、あり得ない事件

豪雨の中、送迎した私を見捨てて「僕帰ります」って、えー!? 2年前の夜に起きた、あり得ない事件

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2022/08/06

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みわちゃん
性別:女性
年齢:61
プロフィール:あいさつがまともにできない部下ばかりで、めまいがしている私です。

【漫画】義母の暴言、夫の不倫、面倒なママ友... 人気の作品を無料で読む

No image

2020年の夏のことです。

仕事が終わった22時頃に突然豪雨が来ました。

バケツをひっくり返したような激しい雨と恐ろしく響く雷の音、一瞬の稲光。

外の様子に困り果てた22歳の男性社員が「自転車で来たのですが、ちょっと怖いので車に乗せてもらえませんか?」と言ってきました。

私(当時59歳)は、快く引き受けたのですが、彼の住所を聞いてちょっと不安になりました。

この町は坂が多く、雨が降るとよく冠水をします。

彼の家に行くにはよく冠水する道を通らなければいけないので、どうやってその道を回避するか、頭の中で目まぐるしくルートを考えました。

そして出発して間もなく、前が見えないほどの水しぶきがかかりました。

「ええっ!」

暗闇で分からなかったのですが、すでに道路は水で溢れていたのです。

以前「アクセルを踏み続けていれば、マフラーに水は入らないから大丈夫」と聞いたことがあったので、必死にアクセルを踏み続けました。

なんとか走り続けるうち、消防署が見えてきました。

よし、消防署に一時避難をしよう! と消防署の手前まで来たときです。

道は膝下ぐらいまで増水しているというのに、目の前に歩行者が現れました。

あ! と一瞬アクセルを離した瞬間「ガクン!」と車は止まリ、みるみるうちに車内は浸水。

「あ~消防署まであと2mだったのに...」

でも、目の前だったこともあり、すぐさま消防署の方々が助けに来てくれました。

すると、男性社員が驚きの行動に出たのです。

「では、僕は帰ります」

そう言って膝下まで水に漬かりながら、ざばざばと音をたてて、さっさと帰って行ってしまうではありませんか。

「はぁ~!? びしょ濡れになった私を見捨てて帰るの?」

消防署員の方々は、ガタガタ震える私にタオルを貸してくれて、温かいお茶まで出していただき、心細くなっている私を安心させてくれました。

2時間ほどたって水が引いた後、エンジンをかけてみました。

「かかった~」

カラカラと音はするものの、なんとか車は動き、無事帰宅。

翌日、男性社員はまったく悪びれることもなく出社してきて、お詫びの言葉でも言うかと思えば...一言もなしです。

こいつのせいで、こいつのせいで...。

浸水した車の後処理は本当に大変で、内部のあちこちが水を含んでしまい、タオルに吸わせてもドライヤーをかけても、まったく効果なし。

窓を閉めて駐車すると、湿気で窓が一気に曇ります。

ひたすらアイロンをかけ続け、天日干しし、車内が完全に乾くまでに1週間かかりました。

しかし、カラカラ鳴る音は消えません。

心配なので運転するときは近場だけにしていたのですが、それからおよそひと月後、人通りのない下り坂で「ガラガラグシャーン」という音とともに車はストップ。

大通りでなくてよかった...のですが、車は二度と動くことはありませんでした。

ちなみに半年後、男性社員はいなくなりました。

無料まとめ読み♪ 【漫画】みなさんの体験記 記事一覧はこちら

人気記事:「嫁のあんたが月20万稼いだら済む話やん」仕事を辞めたい夫をかばう、姑のハチャメチャ理論は...!?《かづ》
人気記事:《漫画》給食室で「触るな」と言われた謎の箱...栄養士が隠していたあり得ない行為とは!?<前編>
人気記事:《漫画》同居して36年...100歳で亡くなった義母が言いふらし続けた嘘ばかりの「悪口」<前編>

※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
※記事に使用している画像はイメージです。

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加