「週に3.5時間読書する人は死亡リスクが23%下がる」の調査研究―中国メディア

「週に3.5時間読書する人は死亡リスクが23%下がる」の調査研究―中国メディア

  • Record China
  • 更新日:2021/11/25
No image

「週に3.5時間読書する人は死亡リスクが23%下がる」の調査研究―中国メディア

米イェール大学パブリック・ヘルス・スクールの3500人以上を対象にした研究では、読書をすると寿命が延びることが分かった。

同スクールの学者であるアブニー・バビシ氏、マーティン・スレイド氏、ベッカ・レヴィ氏による研究成果は、「1日1章:読書と長寿の関係(A chapter a day:Association of book reading with longevity)」というタイトルで、「社会科学と医学ジャーナル(Journal Social Science & Medicine)」に掲載された。

同研究は、性別や民族、教育といった要素を排除した上で、50歳以上の3635人を対象に、「毎週の読書時間が3.5時間以上の人」、「毎週の読書時間が3.5時間以下の人」、「全く読書をしない人」の3つのグループに分けて追跡調査を行った。

研究者たちの12年にも及ぶ研究により、毎週の読書時間が3.5時間以上の人の死亡リスクが23%低くなっていたのに対して、毎週の読書時間が3.5時間以下の人の死亡リスクは17%低くなっただけだった。そして追跡調査期間中に読書をしない人の33%が亡くなったのに対して、読書をする人の死亡率は27%だったことが分かった。

アブニー・バビシ氏は、「総じて言うと、読書の時間が長いほど、調査対象者の寿命は長かった。たとえ1日30分の読書であっても、長生きに有益だ」と分析している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加