ロッテ安田の打球がフェンスに挟まる ボールデッドで一塁走者生還が無効

ロッテ安田の打球がフェンスに挟まる ボールデッドで一塁走者生還が無効

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02
No image

楽天対ロッテ 4回表ロッテ1死一塁、安田尚憲の左翼フェンスに挟まり二塁打と判定。強い口調で抗議する井口資仁監督(左)(撮影・菅敏)

<楽天5-6ロッテ>◇2日◇楽天生命パーク

フェンスに打球が挟まった。4回1死一塁、ロッテ安田尚憲内野手が楽天早川隆久投手から放った打球は左翼方向へ。左翼手島内がフェンス際でジャンプし捕球を試みるも打球はフェンスとラバーの間に直接はいり込み、はまった。

島内が挟まったボールをすぐに取り出し、内野手へ返した。一走中村奨は本塁へ、打者安田は三塁へ到達していたが、審判がプレーを止めた。ベンチからロッテ井口監督が審判団に説明を求めた。責任審判の西本が「ボールデッドとし、1アウト二塁、三塁でプレーを再開します」と話した。

得点は認められず、1死二、三塁で再開。続く角中の二ゴロの間にロッテが先制。続くレアードは凡退し、この回は1得点にとどまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加