IT企業社員が性暴力?告発が泥沼化 会社側「事件性ない」示談成立を発表も...被害女性は不満爆発

IT企業社員が性暴力?告発が泥沼化 会社側「事件性ない」示談成立を発表も...被害女性は不満爆発

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2022/11/25

IT企業の社員男性と食事に行って、拒否したのに淫らな行為をされケガをしたとして、東京都内在住の女性が、ツイッターで男性のアカウントに向け、その事後対応についても批判した。

No image

これに対し、この企業の社長が社員の言動を謝罪したうえで、女性との間で示談が成立したと明かした。しかし、女性は、自分の意志ではなく、示談は無効だと一時訴え、その後も企業などの対応に不満を漏らしている。

「業務外の行動だったが、社員の言動自体については誠に遺憾」

きっかけは、女性が2022年11月4日にツイッターで、男性に押し倒される性暴力を受けたが、「拒否されたか記憶がおぼろで、お金を支払えばいいのか」といった内容を言われたと非難したことだ。男性の会社名も出しており、そのサービスについても、否定し続けるともした。

男性は、投稿を消すように女性に求めた。しかし、女性のツイートによれば、女性は、男性と食事に行って、拒否したものの、男性に押し倒され、左乳首を強くかまれてケガをしたなどと詳細をさらに投稿した。

この男性はその後、ツイッターのアカウントを非公開にしたうえで削除している。

男性は、IT企業「Meety」の社員であることをツイッターで明かしていたため、22日になって、Meetyが、投稿への対応について公式サイトで発表した。そこでは、「社員の業務外の行動」だったとして、女性に確認し、その同意を得たうえで、事実関係を考えて投稿を削除してもらったとした。実際、女性が最初にした一連の投稿は、削除されている。ただ、「事件性はなかったものの今回の事態を発生させた社員の言動自体については誠に遺憾なことだ」として、コンプライアンスの徹底に努めたいと説明した。

Meetyの中村拓哉CEOも、この日ツイッターを更新し、女性の投稿で多くの人に心配をかけたものの、「無事に解決へ向かっております」と報告した。そして、中村氏は、ブログサービス「note」への投稿でこの問題について詳細を説明した。

「ツイートの削除と当社や社員への言及を今後しない示談が成立」

それによると、訴えた女性は、警察に被害届を出しておらず、専門家が女性に事実確認したところ、騒がれたような事件性はなかったと強調した。同社が運営する求職者と企業のカジュアル面談サービスで起きたことではなく、「あくまで個人間での出来事」だとしたが、会社が対応したことをこう説明した。

「サービスにまで悪影響を及ぼすことを意図した発言があったため、会社としてはその点について事実を調査した上で、もし、当社の社員が問題のある行為をしたのであれば、その点についてはきちんと処分をし、また、相手の方が会社を巻き込んだ点については、然るべき措置(損害賠償請求・告訴・警察へ被害届の提出等)を取ることを含めて検討をしておりました」

そして、女性と話し合った結果、「ツイートの削除と当社及び該当社員に関する言及を今後しないという示談が成立しました」と明かした。女性に対して、法的措置は講じないという。

また、社員男性については、「プライベートの人格と会社の人格を混同し、プロ意識に欠ける無責任な態度は事実あったのではないか」として、「起こした出来事に対してではなく、会社に迷惑をかけたことを事由に(当社の就業規則「故意又は重大な過失により、会社に重大な損害を与えたとき(略)」という記載に基づき)、懲戒処分の是非を考えることになります」としている。

中村氏のnoteでは続いて、女性とのトラブルに対処するため、中村氏がどのように社内で動いて社員や顧客の動揺を抑えたかなど、会社の危機管理対応のことが詳しく書かれている。

これに対し、トラブルを他人事のように見ているのではないかといった批判もコメント欄などで相次いだが、中村氏は、ツイッターなどで、書いたことに激励の言葉をいくつももらったことを強調していた。

「口封じされた状態であの発信をされていて、どうしようもない」

一方、被害者の女性は、Meetyの顧問弁護士の名前を挙げ、示談しないと女性を刑事告訴すると脅されて示談書にサインしただけで、示談は自分の意志ではなく、無効ではないかと訴えた。中村氏がnoteで危機管理対応などを書いていたことについては、自己弁護に終始していて呆れたとも明かした。

こうしたツイッター投稿は、その後に削除されたが、女性はなおも、「口封じされた状態であの発信をされていて、どうしようもないことを察してほしい」と訴えている。

女性に名指しされた顧問弁護士は11月25日、取材にこう反論した。

「当職は、適正な手続きに則り事実の調査や示談を行っており、法令に従って適切に対応しています。現在、相手の方が行っておられることは虚偽の事実の摘示であり、当職に対する業務妨害及び名誉棄損にあたりますので、法令に則り、厳正に対応予定です」

Meetyの中村拓哉CEOは同日、取材に対し、次のようにメールでコメントした。

「本件の性質上、公の場で女性の方と相互の認識を披露しあうのは女性の方への配慮に欠けるおそれがあるため、回答は控えさせていただきます。今後、必要に応じ、然るべき方法で可能な限り事実を明らかにし、適切に対処いたします」

被害者の女性は同日、取材に応じ、「未解決の話のため、現状での回答は差し控えさせていただきます」と答えた。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加