「六本木クラス」の挿入歌で注目「THE BEAT GARDEN」生パフォにネット「鳥肌」

「六本木クラス」の挿入歌で注目「THE BEAT GARDEN」生パフォにネット「鳥肌」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

男性3人組グループ「THE BEAT GARDEN」が23日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション 4時間スペシャル」(後6・00)に生出演し、俳優の竹内涼真(29)が主演を務める同局の木曜ドラマ「六本木クラス」(木曜後9・00)の挿入歌「Start Over」をテレビ初披露した。

No image

第35回マイナビ東京ガールズコレクション2022で平手友梨奈(左から2人目)、竹内涼真(左から3人目)、新木優子(右から2人目)とテレビ朝日「六本木クラス」の挿入歌のStart Overを熱唱するTHE BEAT GARDEN

人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」の日本版リメイクで次週最終回を迎える「六本木クラス」。初回放送から反響を呼んだのが劇中で流れる挿入歌「Start Over」。歌うのは活動10周年を迎える男性3人組グループ「THE BEAT GARDEN」。原点は同ドラマの舞台にもなっている六本木で、10年前はアンプを乗せた台車をひきながら路上ライブに励んだ。六本木で初めてのステージに立ち、以後、全国のライブハウスを地道に周る下積み時代を過ごした。

「ミュージックステーション」に初出演し、日本語でカバーした挿入歌「Start Over」を生パフォーマンスした。歌唱後、感想を求められると、リーダーのUは「もうドキドキしました。タモリさんが本当にいらっしゃるんだって、目の前にいて余計にドキドキして。また帰ってこれるように頑張るのでよろしくお願いします。ありがとうございました」と笑顔で語った。

このパフォーマンスにネットでは「鳥肌たちながら見てた!!ほんとすごい!!」「初めて聞いたけどすげーいいじゃん」「めちゃめちゃよき!!!!!」「みんな歌上手い&イケメン」「感動をありがとう」「普通にライブハウスで見てたアーティストさんがメジャーな番組に出てるのを見るとなんか不思議な感じ 笑」「さいっこうのパフォーマンスありがとう」「ほんとカバーして下さったのがTHE BEAT GARDENさんで良かった」「最初の集まって抱擁してるの可愛すぎ」といった声が寄せられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加