逮捕者が出たけど... アニメ『すばらしきこのせかい』の“神対応”に称賛の声

逮捕者が出たけど... アニメ『すばらしきこのせかい』の“神対応”に称賛の声

  • まいじつ
  • 更新日:2021/04/13
No image

(C)PIXTA

スクウェア・エニックスの大ヒットゲームを原作としたアニメ『すばらしきこのせかい The Animation』(TBS系)の第1話が、4月9日に放送された。その中で原作ファンの心をくすぐるイキな計らいが登場し、製作スタッフへの賛辞が飛び交っている。

【関連】アニメ『女子高生を拾う』第1話“フェミ案件”で炎上! 創作と現実の区別がつかない視聴者ほか

※アニメ『すばらしきこのせかい』最新話の内容に触れています

同アニメの原作『すばらしきこのせかい』は、『キングダム ハーツ』や『ファイナルファンタジー』シリーズなどを手掛けた人気クリエイターによる作品。シブヤの街を舞台として、奇妙なデスゲームが繰り広げられる…というのが大まかなストーリーだ。

第1話『死神ゲーム』は、主人公の少年・ネクがスクランブル交差点で目を覚ますシーンからスタート。記憶を失っていたネクは、シキと名乗る少女から突如「お願い、私と契約して!」と迫られる。そして、自分たちが「死神ゲーム」の参加者であり、7日間を生き抜かなければ消滅してしまうという衝撃の事実を聞かされるのだった。

とくに話題を呼んでいるのは、第1話のオープニングにあたる部分。物語の序盤、ネクとシキがノイズたちと戦闘を繰り広げる中、バックで女性ボーカルによる軽快な音楽が流れ出す。ここで使用された楽曲は、原作ゲームに登場するBGM『Calling』をアニメオープニングへとアレンジしたものだ。

ファンの心をガッチリつかんだ選曲に、ネット上では《すばせかのOP、Callingでめっちゃ鳥肌立ったんだけど。まんまゲームが始まるところみたいでたまらん》《既プレイ組としては、Callingうれしいなあ…急に差し替えた感も全然なかった》《OPからテンション上がりまくっててヤバい…》と絶賛の声が上がっている。

ご視聴いただきありがとうございました✨
第1話「死神ゲーム」変則OPは石元丈晴氏作曲の「Calling -Animation OP ver. -」でした!




来週、第2話「シキ」にて通常OP映像を公開します!
楽曲はなんと…お楽しみに! #TWEWY #すばせか #すばせかアニメ pic.twitter.com/cdEwO0mnew
— すばらしきこのせかい 公式アカウント (@TWEWY_PR)
April 9, 2021
from Twitter

https://platform.twitter.com/widgets.js

放送直前に浮上した「OP変更」騒動

同作のオープニングはもともと、アニメ『呪術廻戦』(同系)のエンディング曲などで知られる『ALI』が担当する予定だった。その楽曲『TEENAGE CITY RIOT』では、『Creepy Nuts』のR-指定がゲストラッパーとして起用されており、ファンの間で好評を呼んでいたようだ。しかしアニメの放送前日に、「ALI」のメンバーが不祥事で逮捕されるという予想外の事態に。それを受けて、主題歌が急遽差し替えられることとなってしまった。

まさに前代未聞のトラブルだったが、第1話では原作の人気曲を使用することでファンたちを納得させることに成功。中には「差し替え後の方がよかった」と感じた人もいるようで、《OPがおじゃんになってCallingに差し替えられたの、むしろ正解まである》《差し替えなしで元のOPが流れてたらここまで感動してなかった。すばせかといえばCallingでしょってずっと思ってたからあの演出は効いた》《代替の曲がCallingでむしろバッチリ決まってた。なんなら懐かしくてうるっときた》といった声が上がっている。

なお、次回放送される第2話『シキ』では「Calling」とは別の楽曲がOPに使用される予定。通常OP映像も公開されるそうなので、こちらも要チェックだ。

文=猿田虫彦

【画像】

master1305 / PIXTA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加