生後半年の野良猫が家猫になるまでの50日間。僕には「えん」を家猫として生涯幸せにする責任がある

生後半年の野良猫が家猫になるまでの50日間。僕には「えん」を家猫として生涯幸せにする責任がある

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2021/01/14
No image

隙あらば車のエンジンルームに入り込んでしまう野良の子猫が心配で、苦心の末に捕獲、保護した。『猫のいる家に帰りたい』(辰巳出版)などの短歌、エッセイで知られる〈猫歌人〉仁尾智が記録する保護観察日記、短歌つき。

子猫をようやく捕獲

2020年11月21日、1カ月前から家のまわりをウロウロしていた子猫をようやく捕獲できた。生後約半年のオス猫を「えん」と名づける(うちにいる間の名前です)。
名前の由来は、車のエンジンルームに入り込んでしまっていたから。また「いいご縁がありますように」の願いも込めて。

えんちゃん、保護できた。
ちょっとキャリーバッグの中で暴れたからか少し鼻血が出てるけど、これから一生あったかい場所で、何にも怯えずに、お腹いっぱい食べられるから。 pic.twitter.com/gU0cipjg29
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 20, 2020
from Twitter

我が家の敷地には、だいたい3年に1匹くらいの割合で、猫が迷い込んでくる。そのたびに保護して、健康であれば里親さんを探し、不健康であれば我が家の一員となる、というのが通常の流れ。
保護当初は厳しい顔つきだった猫が、ある時期を境に劇的に柔和な顔になる。どの猫も必ずそうなのだ。栄養状態がよくなったから、というのもあるだろうけれど、やはり外での生活は過酷なのだ。
その変化を見てもらえたら、と保護してからの経過を時系列で並べてみようと思う。
時々猫短歌を織り込んでいくので、猫が気を許してくれていく様子と共に楽しんでもらえたら。

〈猫はいい 僕が思っているほどは僕を気にしていないのがいい〉

さっさと保護したほうが寝覚めがいい

保護したあとは、そのまま病院に連れていき、去勢・駆虫・ウイルス検査・ワクチン接種をすませる。ひとまず悪いところはなさそうで何より。これからのんびり家に慣れていくといいよ。
病院から戻って、ケージに入れる。怯える「えん」に向かって「悪いようにはしないよ」と言ってから「は! これは、このあと悪いようにしかしない奴がドラマとかで言うセリフだ」と思う。

〈野良猫に「悪いようにはしない」ってそれ悪い奴しか言わないセリフ〉

怖いとよじ登っちゃうタイプの猫。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/OTGvhTNHFd
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 21, 2020
from Twitter

猫を保護するのは、もやもやと心配をするよりは、さっさと保護したほうが寝覚めがいいから。それだけだ。

〈野良猫の鳴き声がみな脳内で「お腹すいた」に変換される〉

保護できて、何がよかったって、「きょうもちゃんとエサを食べにきてくれるかな?」「またエンジンルームに入り込んでないかな?」「どこかに閉じ込められてないかな?」「事故に遭ったりしてないかな?」という、毎朝の心配がなくなったことだ。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/jvHknQYKP5
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 22, 2020
from Twitter

なでられるのが好き、インドア派

「えん」は、これまで保護した子猫の中で一番慎重でマイペースな印象。でも保護までの1カ月間、外でエサをあげながら、頭や背中をなでていたから、なでられるのは大好き。
「人間は大きくて怖いけれど、人間の『手』になでられるのは、すごくいいな」と思っている感じ。

【保護4日め】
お腹を撫でられるのも平気。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/n1LP4NSW5l
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 23, 2020
from Twitter

【保護5日め】
えんは、撫でられるのが好き。
やめようとすると「え? やめんの?」という顔をするけれど、それ以上のアピールの仕方がまだわからないからか、すぐ諦めるのがなんだかいじらしい。
あと、尻尾がすごく長くてカッコいい。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/ZsXSOeTpg5
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 25, 2020
from Twitter

なでられるのが好き、というのも「母猫や兄弟猫とほとんど接したことがなく、ほかの猫に毛づくろいをしてもらう機会がなかったからなのでは?」などと考えてしまう。

〈なでられている猫よりもなでている僕こそ喉が鳴っちゃいそうだ〉

ケージの中が安全だとわかると、ケージの外が怖いようで、ケージから出してもすぐに戻ってしまっていた。不要不急の外出を控える猫。ステイホームが身についている。

〈家にいる 完全室内飼いである猫といるので見習っている〉

少しずつケージの外に出して慣れてもらおうとするけれど、ケージの二階が落ち着くらしくて、すぐ戻っちゃう。
まあ、僕もすぐ家に帰りたくなるから、同じようなものだな。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/gIkH1FrlQB
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 25, 2020
from Twitter

【保護6日め】
ケージの扉を開けると、警戒はするけど以前ほどイカ耳じゃなくなってきた。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/0HxuTSxEvo
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 26, 2020
from Twitter

「イカ耳」とは猫が耳を横にピンと張った状態のこと。警戒したり、イライラしたり、怖がったりするとなりがち。

*「イカ耳」とは猫が耳を横にピンと張った状態のこと。警戒したり、イライラしたり、怖がったりするとなりがち

食い意地が勝ち始める

保護10日目を過ぎたころから、少しずつできることが増えていった。食いしん坊であることがよかったように思う。恐怖心と食い意地の狭間で揺れながら、徐々に食い意地のほうが勝ち始める。
猫において、食いしん坊は生きる才能な気がする。

【保護11日め】
ケージの外に置いたごはんも食べに行けるようになった。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/gqzdYtnAcF
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 1, 2020
from Twitter

好奇心も出てきて、子猫らしくなってきた。

【保護13日め】
ケージの外に出してもすぐに戻ろうとはしなくなった。
ボールを投げてみたら………。
狭い狭いスペースだけど、ちょっと冒険して帰ってきた。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/7vYd1OCBXR
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 3, 2020
from Twitter

エサを少し残したりするようになった。

最近少しカリカリを残すようになった。たぶん残しても誰にも取られないと理解したからだと思う。 pic.twitter.com/xrCMppcbYG
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 3, 2020
from Twitter

おじいちゃんみたいな声で催促するようにもなった。

【保護14日め】
夕ごはんをあげる直前。
「撮ってないでメシを出せ」の声。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/TLizjuqh9A
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 4, 2020
from Twitter

半月ほど経って、ケージ以外の場所でも、くつろげるようになった。

普通、このくらいの子猫は、収拾がつかないくらい走り回って、いろいろなことをしでかすものだけれど、「えん」にはそういうところがまったくない。思慮深いのだ。

【保護18日め】
かなり家猫然としてきた。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/3cKKmgcpUS
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 8, 2020
from Twitter

このあたりから劇的に顔の表情が柔らかくなっている。

顔が穏やかになったでしょ? #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/3x1XUI9f79
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 8, 2020
from Twitter

遊ぶといっても、この程度。「えん」は、エンジンルームの「えん」なのに、遠慮がちの「えん」みたいだ。

昨晩。
一人で勝手に遊んでる。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/wULv4obTVx
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 9, 2020
from Twitter

【保護24日め】
遊びかたも慎重派。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/0JLcBbspW5
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 14, 2020
from Twitter

ウイルス検査と大人猫との対面、人に慣れる

我が家には「きり」「てん」「ふく」という成猫がいる。2回目のウイルス検査で問題がなければ、彼らと会わせることができる。
未来の里親さん宅に先住猫がいる場合もあるし、大人猫とのじゃれ合いを通じて甘噛みを覚えていったりするので、ほかの猫とのコミュニケーションは大事。
「人は苦手だけど猫は大好き」な猫もいれば、「人は大好きだけど猫は苦手」な猫もいる。こればかりはやってみないとわからないのだ。

それにしても当初に比べると、このころはもうずいぶんふっくらしている。

【保護28日め】
あした何事もなければ、初対面の大人猫と顔を合わせる予定の子猫。
それはそうと、えんちゃん、丸くなった? #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/4yM1kg95g2
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 18, 2020
from Twitter

【保護29日め】
えん、2回めのウイルス検査も陰性。ホッとした……。
あとワクチンも接種。
キャリーバッグに入れられて、目をまん丸にしている。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/jPOvfNpCcF
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 19, 2020
from Twitter

病院帰りの車内で「不信感」を具現化する猫。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/oTfP5WWpGY
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 19, 2020
from Twitter

ウイルス検査も陰性で、いよいよ同じ2階にいる「てん」(9歳メス)と対面。てんは子猫慣れしていて、扱いも上手。柵越しに面識もあったので、大丈夫そう。ひとまず安心。

てんとの対面。
てんとは柵越しに会っていたから意外と平気。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/jmsKystG2G
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 19, 2020
from Twitter

「えん」が行き来できるように2階の寝室も開放した。ぎこちないながらも楽しそう。余計な事は、しすぎるほどいいよ。スピッツもそう歌ってる。

〈猫はいるだけでいいからしつけない 仕方ないから叱らないこと〉

【保護30日め】
探検探検。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/xBovqFYRln
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 20, 2020
from Twitter

【保護31日め】
これまでのユーティリティースペースから、寝室も行動できるようになったえん。
今朝、「えんがいない!」と焦って探していたら、ベッドの下の引き出しにちんまりしていた。
驚かさないでくれ。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/j0nLUvn2Fj
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 21, 2020
from Twitter

……で、さっき。
ベッドの下には入れないように塞いだんだけど、忘れた頃にやってきて「そういえばあの下入れたよな……」と奮闘するさま。
猫は、こういうの本当によく覚えている。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/eCU73gQpHo
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 21, 2020
from Twitter

そして、どんどん家猫の顔になっていく。

えん、ときどきおじいちゃんっぽさがなくなって、かわいくなるときがあるぞ……。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/WxKYsHu5aX
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 21, 2020
from Twitter

保護してから1カ月を過ぎると、さすがに人間に対する不信感もだいぶ薄れてくる。そうなると、もう谷を駆け下りるかのように一気にデレデレになる。慎重なだけで、甘えたくなかったわけじゃないのだ。

〈幸せなことだ 暮らしに猫がいて泣いたり笑ったりすることは〉

【保護33日め】
すごく隅っこに、だけど初めて人間と布団で一緒に寝た。
一緒に寝たのは妻だけど。
えんは、これまで保護した猫で一番慎重だけど、徐々に慣れてきていて、なんかいじらしい。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/bGWVfNeHto
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 22, 2020
from Twitter

【保護34日め】
体育座りの谷間で。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/Yz5NlgY90Z
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 24, 2020
from Twitter

【保護35日め】
足の、間に、乗ってきた! #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/6g8JtglWYF
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 24, 2020
from Twitter

かわいいえんちゃん、見ますか? #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/1jumknLYNg
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 25, 2020
from Twitter

【保護38日め】
たぶん欲目なのだろうけれど、えんちゃんが日に日にキュルッとしていく。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/SeXPAWFqIN
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 28, 2020
from Twitter

これくらい甘えん坊になってくると、今度は人間側が「もうウチで飼ってしまえばいいのでは?」みたいな気持ちになってくるのも、いつものこと。
そこはグッとこらえて「いやいや、こんなに健康で飼いやすそうな猫をウチに留めてどうする。ちゃんと里親さんを探すんだ!」と決意を新たにするのも、いつものこと。

〈里親に猫を出したり看取ったりするとき僕を筒だと思う〉

【保護39日め】
どんどんただの甘えん坊になっていく猫。
※里親さん探しは年が明けたら本格的に始めます。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/cwsSjxpVjI
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 29, 2020
from Twitter

【保護40日め】
野良猫が家猫になるまでの40日。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/vqJN05br8a
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
December 30, 2020
from Twitter

【保護42日め】
くつろぎすぎる元野良猫。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/npaxXKCe5p
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
January 1, 2021
from Twitter

もう外では暮らせない猫

そうして、保護してから47日目にして、ようやく寝顔を撮るために僕が近づいても、起きなくなった。

こうなると、思うのだ。
これは、安心してくれている証であると同時に、もう外では暮らせない猫になってしまった、ということではないか、と。
もちろん、二度と外に出すことはないのだけれど、こうしてしまった以上、僕には「えん」を家猫として生涯幸せにする責任がある。

〈ノラだった頃じゃできない顔で寝て 油断とスキしかない猫でいて〉

【保護47日め】
お気づきだろうか?
47日めにしてようやく、ようやく寝顔を撮らせてくれるようになった。
臆病で慎重なえんが、こんなに近づいても目を覚まさないということは、それだけ安心できているということだから、よかった……そして長かった……。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/mYh7ut9yc5
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
January 6, 2021
from Twitter

【保護48日め】
えんは「ギュー」をする方の猫だった。

我が家では前脚を交差させて顔を覆うことを「ギュー」と呼んでいます。『ニャ夢ウェイ』(松尾スズキ、河井克夫 ロッキング・オン)では「X攻撃」と呼ばれていたと記憶しています。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/ZacTjDlxth
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
January 7, 2021
from Twitter

【保護50日め】
きょうでえんを保護してちょうど50日。
そろそろ本格的に里親さんを探すため、きょうは宣材写真の撮影をした。
えんちゃん、かっこいい。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/H0CPDz5IJD
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
January 9, 2021
from Twitter

今後の「えん」のこと

里親募集サイトなどに登録して、本格的に里親さんを探す予定。

念のため、「えん」のチャームポイントをお知らせしておく。
まず、細くて長くてまっすぐな尻尾と、左前脚の肘当て。

えんちゃんのチャームポイントは、細くて長くてまっすぐな尻尾と、左前脚の肘当てみたいな柄。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/iBeQQUifAB
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 30, 2020
from Twitter

あと、「いいね!」って言ってるみたいな左半身のサムズアップ柄。

えんの左半身の柄は、ハートに見ようとすれば見えなくもないが、向きを変えるとサムズアップに見えないこともない。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/9nKwXHXzDp
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 27, 2020
from Twitter

そして、からだにもう1匹の猫を宿している右半身の柄。

えんの身体には、もう1匹猫がいる。 pic.twitter.com/dPkBBWAQ2k
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
January 9, 2021
from Twitter

猫との暮らし、とてもよいものですよ。

〈お店では買えない猫と暮らしてる プライスレスにもほどがあります〉

〈里親の決め手は猫が我が家より幸福になれるかどうかだけ〉

おまけ(外猫だった「えん」)

外猫時代の「えん」の様子。すばしっこくて「ああ、捕まえるの大変そうだな……」と、ぐんにゃりしたのを覚えている。

これがえんちゃんを捉えた最初の記録。10/19だった。 #えん保護日記 #里親さん募集予定 pic.twitter.com/lb4Gwb5VMR
— 仁尾智(におさとる) (@s_nio)
November 25, 2020
from Twitter

No image

野良猫時代のえん。これ以上近づかせてくれない

No image

遠いよ

No image

すばしっこかった……

仁尾 智

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加