ヤクルト・原樹理は5回2⁄3を6安打2失点 負傷から復帰で試合作る

ヤクルト・原樹理は5回2⁄3を6安打2失点 負傷から復帰で試合作る

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト先発の原樹理=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

(SMBC日本シリーズ2021、ヤクルト-オリックス、25日、東京D)全快ピッチで試合をつくった。20年ぶりの日本一へ、王手をかけて迎えた大一番。負傷から復帰したヤクルト・原樹理が先発を託され、5回⅔を6安打2失点(自責点1)と力投した。

「とにかく丁寧に投げることと、守備からのリズムを意識して投げました」

先発した12日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦(対巨人、神宮)で二回に打球を右手に受けて途中降板。心配されたが、CS前に「どんな状況であれ、自分の投球をすることが一番。他のことは何も考えず投げたい」と熱い思いを口にしていた右腕が、元気な姿で頂上決戦のマウンドに戻ってきた。

最少失点で踏ん張った。1―0の四回に2死から吉田正の右翼線二塁打、杉本の中前適時打で1点を失ったが、後続を断って勝ち越しは許さず。「うちの打線は試合をしっかりつくれば、勝ちの確率が高くなると思う。相手より1点でも少なく投げること」と話していた通り、打線を信じて腕を振った。

味方の失策も絡んで六回2死一、二塁のピンチで降板し「何とか粘っていたのですが、後ろにいい形でバトンを渡せず申し訳ないです」と反省した右腕。それでも〝1点でも少なく〟の思いを体現し、役目を果たした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加