原監督、日本Sへ「警戒する選手は全員」/一問一答

原監督、日本Sへ「警戒する選手は全員」/一問一答

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

ナインの練習を見つめる原辰徳監督(撮影・岩下翔太)

巨人原辰徳監督(62)が20日、京セラドーム大阪で21日に開幕する日本シリーズの前日会見に臨んだ。

-今の心境は

「いよいよ始まるな、というところですね」

-東京ドームではなく、京セラドーム大阪が舞台

「2、3日前から入って使わせていただいていますけど、非常にきれいですしね、素晴らしい球場だなという風に思っています」

-日本シリーズを経験した選手も増えた

「チームそのものは昨年より進化していると。いろいろな意味で、準備というものは昨年と比べるとできていると思います」

-全試合DH制が採用されることになった。

「ルールに沿って我々は正々堂々と戦う。それだけです」

-ルールの受け止めは

「いやもう、ルールの中でしっかりと戦うと。それ以外、何もないですね」

-日本シリーズのキーマンは

「やっぱり中心選手は非常に重要な役割を持っていると。ただ、若武者もそこに加わるという部分では、結果を恐れずに、彼らに期待したいというところもありますね。いずれにしても、チームがワンチームとして戦いを挑むというスタイルは、ペナントレース同様、戦っていくと思います」

-警戒するソフトバンクの選手は

「警戒する選手は全員でしょうね。やっぱりパ・リーグのチャンピオンチームですから。相手を見るということも大事なんでしょうけれども、我々の野球をしっかりできるかというところが最も重要だと思っています」

-8年間遠ざかる日本一への意気込みは

「自分たちの野球をやっていきたいと。やっぱり先手も取りたいし、まあしかし、短期決戦とはいえ、長丁場ではありますから。どういう状況になってもですね、今からまたスタートだ、今日からいくぜと。そういう精神でやっていきたいと思います」

-全試合DH制で、戦い方も異なる

「本当にDHをしっかり使ったことはもちろんないですが、交流戦も含め、日本シリーズでもその経験というものがある。そのことに対してはプラスに受け止めて、オフェンス、ディフェンスというツーウエーの中で、最善策というものを取っていきたいと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加