航空機の故障で熊本空港の滑走路が一時閉鎖(熊本)

航空機の故障で熊本空港の滑走路が一時閉鎖(熊本)

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2021/10/14
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

空の便に大きな乱れです。熊本空港で訓練中の航空機が停止したまま立ち往生、滑走路が一時閉鎖されました。

午後5時55分ごろから故障した航空機をけん引する作業が行われ終了。

安全確認も終わり、運航が再開しました。

【後藤祐太アナ・リポート】

<午後2時半ごろ>

「小型のプロペラ機が滑走路で止まっています。この影響で熊本空港を離着陸する便が現在全て止まっている状況です」

熊本国際空港と天草エアラインによりますと、14日午前11時から天草エアラインの操縦士が日本エアコミューターの機体を使って飛行訓練を実施。

その中で着陸の際、ブレーキ部分に故障が見られ、機体は滑走路に立ち往生の状態となりました。

訓練は午後1時までの予定で、熊本空港を飛び立ち周辺を周遊・旋回する内容だったということです。

この影響で午後0時25分以降、滑走路は閉鎖。

到着便が福岡空港に行き先を変更するなど影響が出ました。

<午後3時前>

離陸直前だった東京行きの便が急きょ欠航になり機体から降ろされた乗客は…。

【東京行きの女性】

「完全に(滑走路が)封鎖されちゃって飛行機飛ぶのも未定だし、基本はここを諦めて福岡空港に行ってくれと」(Q、どうやって福岡まで?)「それが謎で、自己負担なのかも分からない」「飛行機内でも1時間以上待っていて」

滑走路閉鎖の影響で午後6時現在、熊本空港を発着する6便が欠航。

熊本空港着予定だった3便が福岡に着陸したということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加