友達とノリで「女性用風俗」利用...いま女性たちが本当に求めているもの

友達とノリで「女性用風俗」利用...いま女性たちが本当に求めているもの

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/07/21
No image

「サクッと女性用風俗、2時間予約かな」「友達とデリばるのも超楽しいよぉ」「こんな真っ当な男の“性”を、私は今からお金で買う…」――。

『ホタルノヒカリ』の作者・ひうらさとるさんの最新作『聖ラブサバイバーズ』第2巻では、独身肉食系女子が女性用風俗を利用するシーンが描かれている。

なぜ女性用風俗を取り上げたのか? 取材を通して見えてきたこととは? いま女性たちは何を求めているのか? ひうらさんと担当編集の助宗佑美さん・粕谷理美さんが語り合った。

《あらすじ》
王子から求められないその痛みも、身体から湧き出る衝動も、ときめきで押さえ込んでいたハル。自分の中にある性欲に気づいているのに、触れ合いたいその想いは王子に伝えられずにいた。そんなあいまいリレーションシップな2人だったが、突然王子からハグをされ事態は急展開!! 一方、恋愛に振り回されたくない秋菜は“性”をお金で買い、忘れられない特別な体験をして...!? ときめきと性欲を持て余す、アラフォー3人の冒険は始まったばかり!!!

『聖ラブサバイバーズ』第11話を無料で読む

No image

性や恋をめぐる解放を描く

――『聖ラブサバイバーズ』第2巻では「女性用風俗」が取り上げられています。どのようなきっかけだったのでしょうか?

ひうら:私の友達が女性用風俗を利用したことをブログに書いていたんです。そういうことって秘密にしておくものなのかなと思っていたんですけど、すごくよかったから利用するといいよ、みたいなテンションでオープンに発信していたのが新しくて面白いなと。ちょうど『聖ラブサバイバーズ』に向けて話を進めていたタイミングだったので、取材することにしたんです。

助宗:今回、この3人で作品を作ろうとなったときにLINEグループを作って、性や恋をめぐる解放を描こうといった話をしていたんです。ただ、3人の恋愛話を持ち寄るだけでは、理想や仮想の話とか「巷ではこうらしい」とかふわっとした話しかできずにいて……(笑)。そもそも自分が性愛の冒険をしていないので、理想はあっても具体がないみたいな感じで……そんなときにひうら先生がご友人のブログを共有してくださって、3人の中でも女性用風俗に対する捉え方や価値観が違っていたりして、すごく盛り上がりました。

粕谷:私はたぶん、あのLINEから性の解放を知ったと思っていて……(笑)

助宗:粕谷さんはこの中で一番若いから「女性用風俗を効率的だと思った」と肯定するスピードも早かったですね。ひうら先生と私は結婚していることもあり、すぐにそうは思えなくて。そのときに粕谷さんが自身の恋愛話をたくさんしてくれて思ったのは、性に関することを連帯して話せる人がいると心が休まるということでした。

ひうら:表面的ではなく本当の会話をしているという安心感がありましたね。

助宗:性の悩みはパートナーにも友達にも喋れないし、変なマウンティングになったらイヤだという気持ちからなかなか話せない。でも、今回はテーマがあったおかげで、ひうらさんの若い頃や粕谷さんの20代の話を聞くことができて、性に対する孤独が薄れていったんです。そうした打ち合わせは作品に反映されていると思います。

女性用風俗とは何なのか?

――まずはひうら先生のご友人に3人で取材に行ったんですか?

ひうら:そうですね。どういう面持ちで女性用風俗を利用しようと思ったのか、どういうシチュエーションだったのか、どのようなサービスを受けたのか、いつの段階でお金払うの、どこまでするの……気になることをどんどん聞きました。

粕谷:その場の空気感とか、何を言われたのかとか、何をされて嬉しかったとか、その女性が受けた感情とか、いろんなことを教えていただきましたね。

ひうら:すごくオープンにいろんなことを話してくれる友達なんです。それでも――漫画にも描いたんですけど――海外出張に行く前に、誰も知らない成田空港の近くのホテルで、やっと冒険に踏み切れたという話をしていたのがすごく印象的でした。

助宗:初めてバンジージャンプを飛んだ人に、飛ぶまでと飛んでいるときと飛んだ後にどんな気持ちだったのかを聞いたという感じでした。

No image

『聖ラブサバイバーズ』第2巻より

――知り合いが絶対いないホテルで踏み出せた話以外ですと、どういうところに取材で得た情報が反映されているのでしょうか?

ひうら:たとえば、セラピストがマッサージ前に性的嗜好の確認のために問診票で性感帯を聞くシーン……。

粕谷:あれ、すごいエッチですよね(笑)

ひうら:「ミルクライン」とか初めて知りました。

No image

『聖ラブサバイバーズ』第2巻より

助宗:問診表を通じてどのようなサービスが良いですかと聞かれたときに、私たちは答えられるだろうかと話しましたよね。要望を言えるほど自分の好みや体の特徴を知らないから答えられないし、そのことは大きな問題だと。

一同:そうそうそうそう!

ひうら:そもそも自分がどういうセックスが好きなのかとか根本的なところがクリアになっていなかったなという話をした記憶があります。

粕谷:うんうん、意外とみんな考えていない。

助宗:そのあたりから、私たちは欲望や快感を相手に任せすぎているという話になりました。だから、「刺激的だから女性用風俗の話題を取り上げる」というよりは「自分で自分の好みを知る」という意味もあるから描こうと。

ひうら:自分の性欲を肯定してくれる存在がいるのはいいよねという話もしました。

友達3人で女性用風俗を利用することも…

――女性用風俗に関しては他にも取材をされたのでしょうか?

ひうら:私が女性用風俗について描くことを友達に話したら、実は利用したことがあるという話を聞きました。3人で飲んでるときに女性用風俗をスマホで検索して、そのまま利用して3対3で盛り上がったとのことで……すごい話ですよね。そんな合コンみたいに呼んでいいの?とは思いましたけど(笑)、たしかに1対1よりはノリで呼んでみるくらいのほうが導入としてはアリだなあと。別の友人は、コロナ禍でご飯に好きか嫌いかわからない人を誘うより、お金を払ってそういう相手を呼ぶほうが気楽だと話していて新鮮でした。

粕谷:あと、恋愛だと女性から男性に何かをしなきゃ、頑張らなきゃみたいな空気があると思うんですけど、女性用風俗の場合は「何か好きなんですか」から始まるから、快楽とまっすぐ向き合う姿勢ができて、リラックスできるのかなと。

助宗:たしかに条件や約束を最初に話せることの安心感は大きいのかもしれません。恋愛だと嫌われたくないという気持ちから頑張らなきゃってなりがちですよね。

ひうら:取材したのは20〜30代の女性たちだったんですが、みんなさらっと試して、それをオープンに話しているのは興味深かったですね。

No image

『聖ラブサバイバーズ』第2巻より

粕谷:漫画を読んだ私の友達が、実際に女性用風俗を利用したら「お試し」があったらしく……。

ひうら:「体験入学」みたいな感じがあるんだ!

粕谷:初めての男の子が来るらしいんです。それで、サービスが終わったら、指導書のようなものに項目を満たせていたかどうかを答えるみたいな。

助宗:もしその子が育って一流の店員になったとしたら、「私から育った男」という感じでその人と再会できるかもしれないですね……!

粕谷:あのときはまだ手が震えてたのに……みたいな。

助宗:そうそう。リピーターをつくるためのすごくいい仕組みですよね。

性とちゃんと向き合う機会に

――いろんな方々に取材してみて、あるいは、お三方で打ち合わせをする中で、一番印象的だったことは何でしょうか?

ひうら:女性用風俗を利用する人は、満たされていなくてこっそり行くようなイメージだったんですが、それが大きく変わりましたね。こんなカジュアルに利用していて、それを明るく、友達同士でも話している――そういうふうにだんだん解放されてきているのがいいなと。

助宗:一方で、同じ女性でも性に関する話題や倫理観のグラデーションがあることも気づきました。グラデーションがあることに気づくことも、自分のスタンスを確認することも大事だと思います。だから、『聖ラブサバイバーズ』を読んだときに、自分はどうだろうと考えるきっかけになるといいなと。

粕谷:女性用風俗に行った友達を見ていると、『聖ラブサバイバーズ』が少なからず性に向き合う機会になったんだなというふうに思いました。私自身も、LINEグループで性に関する話をしたことで、気持ちがどんどん解放されていったような気がします。

助宗:3人のLINEで粕谷さんが解放されたならよかったです(笑)

女性用風俗をどのように描いたのか、体の関係から始まると恋ではないのか……後編「体の関係から始まると恋じゃない、のか…?女性用風俗を描いて思うこと」でたっぷりお届けする。

『聖ラブサバイバーズ』第11話を無料で読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加