羽生結弦、国別対抗戦へ「誰かの光になれるように」

羽生結弦、国別対抗戦へ「誰かの光になれるように」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/06
No image

世界国別対抗戦に向けて「誰かの光になれるように」をテーマに掲げた羽生結弦(テレビ朝日提供)

フィギュアスケート世界国別対抗戦(15~18日、丸善インテックアリーナ大阪)に出場する日本代表が5日、中継局のテレビ朝日を通じ、大会に懸けるテーマとコメントを発表した。

男子は2枠。日本の前回優勝に貢献した17年大会以来2大会4年ぶり3度目の出場を決めた羽生結弦(26=ANA)は、こう意気込んだ。

「誰かの光になれるように」

色んなところへ行くたびに人がいなくて本当に仕事がない人たちもたくさんいたり、苦しんでいる状況なんだろうな、というのを強く感じました。

ただ、その中でも、会う人、声をかけてくれる人たちが、もちろん世界選手権は完全に良い演技だったとは言えないんですけど、それでも『勇気をもらえました』とか、『希望の光』でしたとか、そういう言葉をいただいた時に、僕はたとえ結果が良くなかったとしても、良い演技だったと納得できる演技じゃなかったとしても、誰かのためになれているのかな、という感じがして、それを常に心の中に持ちながら演技したいなと思ってこの言葉にしました。

(原文まま)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加