前田敦子のものまねタレント、生活苦で娘の入園祝いを使い込む画像で大炎上

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/10/18

偶然にも、トップ女優である石原さとみの結婚と同日に離婚を発表し話題となったのは、人気お笑いコンビ・流れ星の瀧上の元妻でタレントの小林礼奈。

2014年頃、元AKB48・前田敦子のモノマネタレントとしてプチブレイクした小林だったが、「バイトのシフトを増やしてほしくて、上司に枕営業した」など、ぶっ飛んだエピソードを披露するキャラクターから、ネット上で話題となっていた。

夫婦はブログ上で何度もバトルを繰り返し、その後別居。離婚秒読みとウワサされていただけに、「やっぱりね」「今さら誰も驚かないよ」と、世間は冷ややかな反応だった。

そんな小林に、批判の声が殺到する出来事があったそうで……。

「家賃を滞納するほどお金に困っていると言う小林は10月13日のブログに、『やばい、、、こっから払うしかないかな』とつづり、かわいらしいピンクの祝儀袋の画像を投稿したんです(現在は削除済み)。封筒には、『入園祝い』の文字が印刷されていたため、ネットユーザーからは、『家賃払い忘れただけなのに子供のお祝い金に手をつけるの?ありえない』『もっと家賃が安い家に引っ越せばいいのに』と、厳しいコメントが相継ぎました。また、祝儀袋に氏名の記載がなかったため、『くれた人の名前も書いてないお祝い袋なんてあり得ない。ヤラセじゃない?』と、小林による自作自演を疑う声もありました」(芸能記者)

この騒動の影響か、小林のブログは現在新米ママ部門でランキング1位に輝いており、相当のブログ収益が見込めるはず。今後は、たとえネタであっても、大事な娘の入園祝いには手を付けないでもらいたいものだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加