島崎遥香、AKB48とは真逆の匿名アイドル役「再デビューするかのような...」 佐々木蔵之介と再会に喜び

島崎遥香、AKB48とは真逆の匿名アイドル役「再デビューするかのような...」 佐々木蔵之介と再会に喜び

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/07/22
No image

匿名の2人組アイドルユニット・SNOWLIGHTとして『IP〜サイバー捜査班 』に出演する島崎遥香(左)と佐々木蔵之介 (C)テレビ朝日

俳優の佐々木蔵之介が主演するテレビ朝日系木曜ミステリー『IP~サイバー捜査班』(毎週木曜 後8:00)。22日放送の第4話に、元AKB48の島崎遥香が、本名や年齢や経歴など素性を一切明かさない匿名アイドル役でゲスト出演する。

【写真】謎の匿名アイドル役の島崎遥香

第4話のテーマは、デジタルタトゥー。“ネット上に投稿した情報は完全に消えることがなく半永久的に存在し続ける”ことを意味する言葉だが、事件の発端は半年前、島崎ふんするアイドル・MAYのパートナー・YUKI(芦原優愛)が自ら命を絶ったこと。MAYとYUKIの2人は素顔も経歴も明かさない匿名アイドルユニット“SNOWLIGHT(スノウライト)”として活動していたが、YUKIの本名や過去がネット上で暴露され、それを苦に彼女は自ら命を絶ってしまった。

怒りに震えたMAYは、YUKIについて特に悪質な書き込みを行った10人を特定し、実名で謝罪メールを送るよう要求。謝罪しなければライブ配信で個人情報を公表すると宣言した。過激ともいえる、その発言は大炎上。サイバー捜査のスペシャリスト・安洛一誠(佐々木)、古宮山絆(福原遥)、多和田昭平(間宮祥太朗)ら京都府警サイバー総合事犯係はSNOWLIGHTをめぐる騒動に巻き込まれるが、はたして10人は謝罪メールを送って来るのか。それともMAYは10人の個人情報をさらしてしまうのか。運命のライブ配信がスタートする中、新たな事件も起きてという衝撃のストーリーが展開する。

匿名アイドルのMAYを演じた島崎は、ほぼ全編にわたってMAYのテーマカラーである“黒”の衣装を身にまとい、パートナーを失った怒りと悲しみ、そして謝罪要求という強硬手段に出たことへの葛藤を、丁寧に表現していく。さらに、ヴェールとアイマスクで美しい素顔を隠してミステリアスに歌うPV映像も劇中に登場する。

■島崎遥香コメント
――佐々木蔵之介さんと共演されていかがでしたか?
【島崎】連続テレビ小説『ひよっこ』で以前共演させていただいたときは親子の役柄だったのですが、今回はまったく違った関係性で新鮮でしたし何よりまた共演させていただけたことがうれしかったです。

――アイドル役を演じましたが、見ていただきたいところは?
【島崎】AKB48とは正反対といってもいいくらい真逆なアーティストなので、今までの経験は生かされていないかもしれません(笑)。でも、自然とお芝居をしているときよりPV撮影のときの方が、安心感がありました(笑)。新たなアーティスト像を皆さんに見てもらえて喜んでいただけたらうれしいです。…なんだか再デビューするかのようなコメントになってしまいました(笑)。

――京都での撮影はいかがでしたか?
【島崎】京都での撮影は初めてだったのですが、将来は京都に住みたいくらい大好きな街なのでうれしかったです! “べた焼き”という食べ物を初めて食べたのもいい思い出になりました!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加