トロント市がLocal Motors製8人乗り自動運転シャトルを試験運行へ

トロント市がLocal Motors製8人乗り自動運転シャトルを試験運行へ

  • TechCrunch
  • 更新日:2020/10/16
No image

トロント市はLocal Motors(ローカル・モータース)と契約し、2021年春からオール電化の自動運転シャトルフェリー「Olli 2.0」を乗客に開放し、試験的に自動運転シャトルバスの運行を開始する。試験は交通事業会社のPacific Western Transportationとの共同実施となり、トライアル期間中は、2名の常駐スタッフ、Pacific Western Transportationのオペレーター、トロント交通局(TTC)またはMetrolinx(メトロリンクス)のカスタマーサービス担当者が参加する。Metrolinxは、トロントは通勤輸送サービスの大半を担っている鉄道公社だ。

Olli 2.0の車両は、一度に8人まで乗車可能で、車椅子用のスロープや固定ポイントなどのアクセシビリティ機能も備える。また、乗客に情報や最新情報を提供するためのAVシステムも搭載する。さらに、安全上の懸念やその他の理由で必要が生じた場合には、車両に搭載されている安全オペレーターがいつでも手動制御を引き継ぐことができる。

今回策定されたパイロットルートは、West Rouge(ウェスト・ルージュ)とRouge Hill GO(ルージュ・ヒル・ゴー)駅間でサービスを提供する。Rouge Hill GO駅は、トロント市の西に位置するGreater Toronto Area(グレーター・トロント・エリア)のコミュニティである Scarborough(スカーボロー)の近隣地域だ。このサービスは、通勤者を同地域の主要な長距離輸送用ライトレール・ネットワークの1つに接続するように設計されている。市によると、新型コロナウィルスを考慮して、自律型シャトルがその時点でどのような清浄度や消毒基準で維持されているかを確認することも目標の1つだという。

このようなラストマイルのユースケースは、予測可能な繰り返しのルートを比較的低速で移動することを伴うこともあり、都市における自動運転輸送のターゲットとなっている。これにより、現在の大動脈ではカバーされていない部分に、市内のライトレールや地下鉄をつなぐインフラが追加され、Olliのシャトルを使ったサービスルートの展開が進む可能性がある。

カテゴリー:モビリティ
タグ:トロント、Local Motors

画像クレジット:Local Motors and City of Toronto

[原文へ]

(翻訳:TechCrunch Japan)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加