ゴワゴワの髪の毛どうにかしたい(涙)【ナイトキャップ】「寝る前に被るだけでOK」激推し6選

ゴワゴワの髪の毛どうにかしたい(涙)【ナイトキャップ】「寝る前に被るだけでOK」激推し6選

  • ヨムーノ
  • 更新日:2022/05/14
No image

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

ナイトキャップは、寝ている間の枕との摩擦を軽減し、髪や頭皮を守ってくれるアイテム。摩擦による切れ毛や枝毛、パサつき、寝グセを防ぎ、保湿効果も期待できます。

素材や装着の仕方などに違いがあるため、頭の大きさや髪の長さを考慮して選びましょう。今回は、ナイトキャップの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

ナイトキャップ選びの4つのポイント

ナイトキャップは素材、着脱タイプ、容積、デザインの4つのポイントを基準に選びましょう。

素材で選ぶ

ナイトキャップの素材は、シルクとコットンが主流です。シルクは吸湿性と通気性に優れ、保温効果があります。温かくて蒸れにくく、髪や頭皮を乾燥から守ってくれるのが特徴です。また、油分やたんぱく質を含んでいるため、髪にツヤを与える効果も期待できます。美しい髪を目指している方に最適です。

ただし、お手入れがしにくく生地が傷みやすいというデメリットがあります。洗濯の際はおしゃれ着用洗剤で優しく手洗いしましょう。

コットンは手触りがよく、吸湿性と吸水性、通気性に優れています。生地が丈夫でお手入れしやすく、静電気が起こりにくいです。美髪効果はシルクに劣りますが、夏も冬も快適に使えます。

着脱タイプで選ぶ

着脱タイプには、リボンタイプとゴムタイプがあります。リボンタイプはリボンを結んで頭に固定するナイトキャップです。頭の大きさに合わせてサイズを調整できるので、きつすぎて頭痛がしたり、緩すぎて脱げたりすることがありません。ゴムタイプと違って額に跡が付きにくいという点もメリットです。

ただし、ちょうどいい締め付け具合にするためには何回か練習する必要があり、結び目が緩いと就寝中に脱げてしまいます。

ゴムタイプはかぶるだけで装着できるので、初めてナイトキャップを使う方も付けやすいです。前髪や後れ毛もきちんとキャップ内に入れられます。サイズ調整はできませんが、翌朝まで脱げにくいです。

容積で選ぶ

髪の長い方やボリュームのある方は、容積の大きいナイトキャップを選びましょう。容積が小さいと髪が入りきらなかったり、無理やり入れることで窮屈さを感じたりします。

髪が長くてキャップ内に入れにくい方は、後ろが長い、ロングヘア用のナイトキャップがおすすめです。

デザインで選ぶ

せっかくナイトキャップを使うなら、気に入ったデザインを選びたいですよね。好みの色やパジャマに似合う色を探してみましょう。

ナイトキャップは、カラーバリエーションが豊富な商品が多いです。ピンクやアイボリーなどの明るい色や、ブラックやネイビーなどの落ち着いた色があります。

また、ゴムタイプはフリルが付いた商品もあり、かぶるとかわいらしくなります。

肌触りがよくてストレスフリー!おすすめナイトキャップ6選

リボンタイプやゴムタイプ、ロングヘア対応商品など、さまざまな種類のおすすめナイトキャップをご紹介します。

天然シルク100%のゴムタイプナイトキャップ

No image

出典:Amazon

Silknight(シルクナイト)「ナイトキャップ」
参考価格:1,445円(税込)

かぶるだけで装着できるゴムタイプのナイトキャップです。軽くてしなやかな天然シルクを100%使用しています。Lサイズで、毛量の多いミディアムの方や平均的な量のセミロング~ロングヘアの方に最適です。

初めてナイトキャップを使用する方、シルク製のゴムタイプの商品を探している方はぜひ使ってみてください。カラーバリエーションが豊富で、好みの色がきっと見つかるでしょう。

シルク100%でサイズ調整可能なリボンタイプ

Omahit「天然シルク100% ナイトキャップ ロングヘア対応」
参考価格:1,880円(税込)

天然シルク100%のリボンタイプのナイトキャップです。後ろのリボンでサイズ調整できるので、締め付け具合を自分で調整したい方に向いています。一部ゴムを使用しており、リボンがほどけても脱げにくいです。

また、MサイズとLサイズがあり、髪の長さに合わせて選べます。髪の長さが胸より上(セミロング)の方はMサイズ、胸より下(ロング)の方はLサイズがおすすめです。

コットン100%の日本製ナイトキャップ

Setagaya-style「ナイトキャップ 日本製 コットン100%」
参考価格:2,000円(税込)

肌触りのいいコットン100%のナイトキャップです。2枚仕立てで、防寒対策や医療用帽子、室内帽子としても使えます。

男女兼用のフリーサイズで、頭囲58~62cmが目安です。伸縮性があるため、頭囲62cm程度でも快適にかぶれます。男性も使いやすいシンプルなデザインです。

たっぷり生地を使ったロングヘア用

LilySilk「天然シルク100% ナイトキャップ」
参考価格:3,899円(税込)

後ろが長いロングヘア用のナイトキャップです。一般的な形状のナイトキャップだとロングヘアの方は髪をまとめる必要がありますが、こちらの商品ならかぶるだけで着用できます。髪に跡が付きにくく、ロングヘアの方や毛量の多い方に最適です。

ゴムタイプで、シルク100%の生地を使用しています。

前結びだから結びやすくて気にならない

macch「ナイトキャップ シルク 100%」
参考価格:2,180円(税込)

リボンを前で結ぶタイプのナイトキャップです。結び目が後ろにあると、首に当たって気になるという方に向いています。

リボンを後ろでクロスさせてから結ぶため安定感があり、結びやすいです。また、正面にリボンがくることで、見た目もかわいらしくなります。一部ゴムを使用しており脱げにくい構造ですが、額部分にはゴムが入っていないため跡が付きません。

生地はシルク100%で、MサイズとLサイズから選べます。

シルク素材確認用の生地片が付いたナイトキャップ

Kkkannkannri「ナイトキャップ シルク シルクキャップ シルク100%」
参考価格:1,999円(税込)

値段が安いと本当にシルク100%かどうか不安に感じる方もいるでしょう。こちらの商品には、シルク素材確認用の生地片が付いています。

シルクと化学繊維は燃やしたときの燃え方やニオイが違います。しかし、本物のシルクかどうか確かめるために商品を燃やすことはできませんよね。シルク素材確認用の生地片が付いているこちらの商品なら、生地片を燃やすことで確かめられます。

リボンタイプでサイズ調整でき、ロングヘアまで対応しています。

寝癖や髪のパサつきが気になるならナイトキャップを

髪と頭皮を摩擦や乾燥から守ってくれるナイトキャップ。髪のパサつきや枝毛、寝癖などが気になっている方にぴったりのアイテムです。素材、着脱タイプ、容積、デザインなどをチェックし、自分に合う商品を探してみてください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

小顔&小頭見せには「コンパクトショート&ボブ」が効果的♡

ヨムーノ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加