Appleの商標権を侵害する「AirPodsの偽造品」として中国メーカーのワイヤレスイヤホン「OnePlus Buds」が税関で押収される

Appleの商標権を侵害する「AirPodsの偽造品」として中国メーカーのワイヤレスイヤホン「OnePlus Buds」が税関で押収される

  • GIGAZINE
  • 更新日:2020/09/15
No image

中国のスマートフォンメーカーであるOnePlusが開発したワイヤレスイヤホン「OnePlus Buds」が、Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」の商標権を侵害しているとして、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)に押収されたことが明らかになりました。

US Customs isn’t backing down, says seized OnePlus Buds violate Apple AirPods trademark - The Verge

https://www.theverge.com/2020/9/14/21436760/us-customs-statement-oneplus-buds-seized-apple-airpod-trademarks

2020年8月31日、アメリカ・ニューヨーク市にあるジョン・F・ケネディ国際空港で2000台のOnePlus BudsがCBPにより押収されました。CBPはこの押収劇を9月14日にTwitter上で公表し、押収したOnePlus Budsについて「AirPodsの偽造品」と説明しています。なお、押収されたのは39万8000ドル(約4200万円)相当のOnePlus Budsだそうです。

THAT'S NOT AN ???? —
CBP officers at JFK Airport recently seized 2,000 counterfeit Apple AirPods from Hong Kong, valued at $398K had they been genuine.
Details via @CBPNewYorkCity : https://t.co/XMgjkfT56i pic.twitter.com/Ofn9REJ9ZB
— CBP (@CBP)
September 14, 2020
from Twitter

これに対して、OnePlusの公式Twitterアカウントは当初、「ちょっと、返してください!」とツイートしていました。

Hey, give those back! ????
— OnePlus USA (@OnePlus_USA)
September 14, 2020
from Twitter

Twitter上で「OnePlus Budsは偽造されたAirPodsではありません。これらは合法的な製品です。ただ、OnePlus BudsはAirPodsのデザインを精密にコピーしたものというだけです」と指摘されているように、「CBPは合法的な製品をAirPodsの偽造品と間違ってしまっただけでは?」という意見もあります。

Those aren’t counterfeit AirPods, fuckheads. They’re a legitimate product. It’s just that the design has been closely copied.
You stole legitimate goods.
— Amelia “Let’s Get Spooky” Gapin ???????????? (@EntirelyAmelia)
September 14, 2020
from Twitter

海外メディアのThe Vergeは「OnePlus Budsがなぜこのような調査を受けたのかは不明です。OnePlus Budsはすでに数週間前からアメリカのBest BuyやWalmart、Amazonなどで販売されています」と指摘しています。

CBPの広報担当者は、「問題の貨物を調べた際に、CBPの専門家が対象のイヤホンがAppleの商標権を侵害していると判断しました。AppleはAirPodsのコンフィギュレーション商標(デザイン商標)を取得しており、CBPにも商標が記録されています。」と述べました。

コンフィギュレーション商標は一般的に製品の外観を登録するものなので、一部から「CBPはパッケージを見るだけではOnePlus Budsが本物の製品である、つまりはAirPodsを装った偽造品ではない、と判断することができなかったのでは?」という声も挙がっていました。しかし、これらの意見に対してCBPは、「問題のイヤホンをCBPが押収するという判断と、パッケージ画像や言語は無関係です。企業は商標権を侵害するような、Appleのワードマークやデザインを使用する方法を取るべきではありません」として、改めて「OnePlus BudsがAppleの商標権を侵害する偽造品」であるため押収したとコメントしています。

OnePlus Buds - Set Your Music Free - YouTube

CBPはOnePlus Budsの開発元であるOnePlusに対して、「OnePlus Budsが関連商標を侵害していない」という証拠を提示するための機会を提供しているそうですが、OnePlusは今回の押収についてコメントすることを拒否しており、その後の進展は不明です。

なお、AppleはOnePlus Budsに対して法的措置を講じておらず、OnePlus Budsはすでにアメリカの小売業者で広く販売されています。そのため、The Vergeは「まだ問題なくOnePlus Budsを購入することができますが、CBPが今後の輸入分についてもOnePlus Budsを押収するつもりか否かは不明です」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加