2020年版!「UEFAが支援する7つの小国」代表ユニフォームまとめ

2020年版!「UEFAが支援する7つの小国」代表ユニフォームまとめ

  • Qoly
  • 更新日:2020/11/20
No image

欧州サッカー連盟(UEFA)が欧州の小国代表チームを支援する「キット・アシスタンス・スキーム」。

2018年からMacronと契約を結び、対象国にユニフォームやトレーニングウェアなどを提供している。

ここでは、支援を受ける7か国(アンドラ、キプロス、ベラルーシ、フェロー諸島、ルクセンブルク、サンマリノ、リヒテンシュタイン)のユニフォームをご紹介しよう。なお、前回の2018モデルで支援を受けたはアルメニアは、今回の対象から外れている。

アンドラ

No image

アンドラ代表 2020 Macron ホーム

No image

アンドラ代表 2020 Macron アウェイ

No image

アンドラ代表 2020 Macron サード

欧州で5番目に小さな国アンドラ。新ユニフォームはサードまで展開となった。カラーはシンプルに国旗色で、レッドはスペイン、ブルーはフランス、イエローはローマ・カトリックを意味する。

ベラルーシ

No image

ベラルーシ代表 2020 Macron ホーム

No image

ベラルーシ代表 2020 Macron アウェイ

ユニフォームは伝統的にホワイトとレッドを使用。ソビエト連邦から独立当時の国旗がその2色で、キットカラーとして使われ続けている可能性がある。

キプロス

No image

キプロス代表 2020 Macron ホーム

No image

キプロス代表 2020 Macron アウェイ

この2020モデルからエンブレムのデザインを変更したキプロス。ユニフォームは伝統的にブルーをホームとし、国旗色のホワイトはアウェイに使うという珍しいパターン。

フェロー諸島

No image

フェロー諸島代表 2020 Macron ホーム

No image

フェロー諸島代表 2020 Macron アウェイ

デンマーク自治領のフェロー諸島。ユニフォームは伝統的に国旗色のホワイトとブルーを使用する。エンブレムの数字“1979”はフェロー諸島サッカー連盟の創設年。

リヒテンシュタイン

No image

リヒテンシュタイン代表 2018 Macron ホーム

No image

リヒテンシュタイン代表 2018 Macron アウェイ

現時点では2018モデルを継続使用。リヒテンシュタインの名所「ファドゥーツ城」を前面に描く。キットカラーは国旗色で、ブルーは「空」、レッドは「家庭の暖炉」を意味する。

ルクセンブルク

No image

ルクセンブルク代表 2020 Macron ホーム

No image

ルクセンブルク代表 2020 Macron アウェイ

ユニフォームカラーのレッドとブルーはどちらも国旗色。エンブレムにはルクセンブルク国章と同じデザインの「立ち上がるライオン」を描き、ホームキットにはシャツ全面に散りばめている。

サンマリノ

No image

サンマリノ代表 2020 Macron ホーム

No image

サンマリノ代表 2020 Macron アウェイ

世界で5番目に小さい国家のサンマリノ共和国。しかしユニフォームの美しさでは世界の強豪国に負けていない。

【関連記事】欧州の小国だらけ!「UEFAが支援する8か国」のユニフォームを一気に見る

ホームキットは伝統的に国旗色のブルー(空を意味する)。そしてアウェイは2018モデルのホワイトから、今回はブラックに変更となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加