『漁港の肉子ちゃん』見逃し厳禁のものすごいアニメ映画だ!と驚愕&感動した「5つ」の理由を全力解説

『漁港の肉子ちゃん』見逃し厳禁のものすごいアニメ映画だ!と驚愕&感動した「5つ」の理由を全力解説

  • cinemas PLUS
  • 更新日:2021/06/11
No image

2021年6月11日より、アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』が公開されます。まずは、ちょっと待ってください。何も知らないままだと、「肉子」というすごい語感のワードが入ったタイトルを筆頭に「何だろうこの映画…」「どういう企画なんだ?」と思った方も多いと思うんですよ。

でも、お願いですから敬遠しないでください、そして予告編からまずは観てみてください。そして本編を実際に観れば、きっとクオリティの高さに驚愕し、そして感動に浸れる、見逃し厳禁の素晴らしいアニメ映画であったのですから。さらなる魅力と特徴を、以下より全力で解説していきましょう。

1:見た目も性格も正反対の親子の物語

本作の主人公は、実質的に2人います。「人生ボロボロなのにとっても明るいお母さんの肉子ちゃん」と「聡明で大人しい小学生の女の子のキクコ」です。この2人の親子関係が、本作のいちばんの魅力と言っていいでしょう。

No image

肉子ちゃんが人生ボロボロになっているのは、 情にあつくて惚れっぽいせいで、何度も何度もダメ男にだまされて捨てられてきたから。そんな肉子ちゃんはファッションセンスが皆無でいつも強烈な服を着ており、繰り出すおしゃべりやギャグに「大阪のおばちゃん」的な勢いがあるため、今ではちっとも悲壮感がありません。

そんな純粋で子どもっぽくもある肉子ちゃんと対照的に、キクコは大人びていて、最近は小学校のクラスでの悩み事もできてしまい、お母さんの肉子ちゃんのことをちょっと恥ずかしく思っている「お年頃」。ショートカットの髪型で、少しボーイッシュでもあります。そんな「見た目も性格も正反対の親子」になっていて、 肉子ちゃんの言動に半ばあきれつつも憎めずにいるキクコという、2人のやりとりのだけで大いに楽しめるのです。

No image

そんな肉子ちゃんとキクコが少しずつ、でも着実に成長していき、そこには大きな「秘密」も内包されているため、「先が気になる」面白さも存分にあります。例えば「肉子ちゃんとキクコはなんで似てないの?」「キクコにお父さんがいないのはなぜ?」と誰もが思う疑問は劇中でしっかりとした答えが用意されていますし、それに「向き合う」ことによって、2人はやがてより強固な親子関係を築くことになるのです。

No image

ファンタジー的な展開はほぼほぼ皆無であり、基本的に綴られるのは「何にも大きな事件が起きない日常」です。それでも全く飽きさせない、とても豊かな映画になっているのは、(後にも記す最強のスタッフとボイスキャストによる)脚本や演出が格段に優れている証拠。思春期手前の少女の心の動きが、とても繊細に描かれているので、同世代の子どもはもちろん、大人も存分に感情移入できるでしょう。まずは、「老若男女が楽しめる、万人向けのアニメ映画」を期待しても、裏切られることはないはずです。

そして白眉となるのはクライマックスです。もちろんネタバレになるので詳細は書きませんが、悲しいや嬉しいと言った単純な言葉だけでは言い表せない多層的な構造がそこにはあり、「心地の良い涙」を流すことができました。昔ながらの「人情劇」の面白さ、そして思いがけない展開と感動にも、ぜひ期待してほしいです。

--{2:鬼クオリティ確定の最強スタッフたち}--

2:鬼クオリティ確定の最強スタッフたち

本作はスタッフの時点で「鬼クオリティ」になるのが確定しています。何しろ、監督が『ドラえもん のび太の恐竜2006』(06)の渡辺歩。アニメとしてのダイナミックな動きやキャラクターの豊かな表情は見ていてとても気持ちがよく、時には良い意味で「やりすぎ!」なくらいのこだわりを感じさせる作家性が今回も全開フルスロットルでした。劇場の大スクリーンで、細部までじっくりと観る価値が存分にあります。

No image

しかも、製作を手掛けるのは『マインド・ゲーム』(04)や『鉄コン筋クリート』(06)などで知られるSTUDIO 4℃。こちらも常にスタッフの過労を心配してしまうほどの、尋常じゃない作り込みや表現に力を入れまくっているスタジオです。同じく渡辺歩監督とSTUDIO 4℃のタッグによる『海獣の子供』(19)はアニメとしての凄まじい表現に圧倒されまくる作品でしたが、今回の『漁港の肉子ちゃん』ではキャラの可愛らしくてコミカルな動きの1つ1つに「この一瞬にどれだけの労力があったのだろう…」と想像して恐ろしくすらなる、頭がクラクラするほどのクオリティを実現していました。

No image

さらに、キャラクターデザイン・総作画監督は『かぐや姫の物語』(13)や『海獣の子供』でも作画監督を務めたスタジオジブリ一期生の小西賢一。「船が住まいになっている」というどこかロマンも感じる生活の描写、ノスタルジックな漁港の景色、季節の移り変わりなど、それぞれが美しく細やかに描かれていました。

No image

さらには人気ドラマ「凪のお暇」(19)の他、映画ファンから絶賛を集めた『サヨナラまでの30分』(20)の大島里美が脚本を手掛けています。様々な伏線が積み重なっていく、1つとして無駄がない話運びが素晴らしく、97分というタイトな上映時間で1つの物語を完結させるための工夫も随所にみられるのです。

『漁港の肉子ちゃん』の内容そのものは、前述したようにファンタジー的な展開はない、大きな事件もほとんど起きない、それこそ「実写でも実現可能」と言ってしまえるものです。しかし、最強のスタッフが集結し、瞬きするのも惜しい超ハイクオリティのアニメ映画として作り上げたこと。実写では生々しくなりすぎてしまうかもしれない世界観や設定を、可愛らしい絵柄で誰もが抵抗なく楽しめる形で世に送りだしたことは、とてつもない意義があると言えるでしょう。

--{3:Cocomiと大竹しのぶを筆頭に超絶ハマるボイスキャスト}--

3:Cocomiと大竹しのぶを筆頭に超絶ハマるボイスキャスト

本作は、多くの有名人を起用したボイスキャストが、文句なしに素晴らしかったことも告げなければならないでしょう。筆者は常々アニメや映画の吹き替えに「むやみやたらに有名人を起用したりせず、本職の声優さんが声をあててほしい」と思っていたのですが、これほどのハマりっぷりを見れば「声優とそれ以外」などと観る前に分断してジャッジするべきではないのだと、思い知らされ大いに反省するほどだったのです。

主人公のキクコ役を務めたのは、木村拓哉と工藤静香の娘であり、モデルやフルート奏者としても活躍しているCocomi。本作が映画デビューにして声優初挑戦となりますが、実は元来のアニメファンであり、中学生の頃には声優の養成所に通っていた経験もあったのだそうです。その透明感のある声は聞いていて心地が良く、Cocomiの実年齢より若いけれど繊細かつ大人びているキクコの内面、多感な少女の喜怒哀楽の感情を見事に表現しています。その演技を聞けば、この先の声優としての活躍を誰もが応援したくなるのではないでしょうか。

No image

そしてもう1人の主人公である肉子ちゃんの声を担当した大竹しのぶが超絶ハマっています。『借りぐらしのアリエッティ』(10)や『インサイド・ヘッド』(15)でも演技そのものが完璧でしたが、今回の『漁港の肉子ちゃん』での「ハイテンションで若干ウザいけど憎めない大阪のおばちゃん」の体現っぷりは、声が大竹しのぶであることを完全に忘れさせるほど、観た後にはこれ以外のキャスティングは考えられないほどでした。

No image

その他、中村育二、 吉岡里帆、マツコ・デラックス、山西惇、八十田勇一などバラエティ豊かで豪華な顔ぶれが脇を固めており、それぞれが生き生きとした個性豊かなサブキャラクターに最大限にマッチしていました。それぞれのボイスキャストのファンにとっても、必見作なのは間違いありません。

No image

さらに、主題歌である吉田拓郎のカバー曲、子役の稲垣来泉の歌唱による「イメージの唄」も、本作には見事にマッチしています。可愛らしい声で「男は」「女は」と言うことにギョッとしてしまうかもしれませんが、そのギャップも込みで味わいとなっています。

--{4:明石家さんまが好きな人にも、苦手な人にもおすすめできる理由}--

4:明石家さんまが好きな人にも、苦手な人にもおすすめできる理由

本作が原作としているのは、第152回直木賞を受賞し累計発行部数35万部を超えている、西加奈子による同名のベストセラー小説です。誰もが知る明石家さんまがこの原作に惚れ込み、プロデュースを手掛けていることも、宣伝として大きく打ち出されています。

明石家さんまは企画の立ち上げだけでなく作品そのものに関わっており、例えば肉子ちゃんがつまらないギャグを言った時に「寒っ!クーラーの温度下げたん誰?」と追加でボケるといった「大阪的なお笑い」のシーンの提案もしていたそうです。しかし、それ以外で「明石家さんまらしさ」を感じるところはほとんどなく、好きな作品を自身の「色」に染めすぎない、全く押し付けがましさがない内容に仕上がっていることも、本作の美点でしょう。

No image

そのことは明石家さんまも自覚的で、「私が担当したのは企画・プロデュースです。作品づくりを『寄せ鍋』に例えると、僕は土鍋とガスコンロを用意させていただく係です。そこにスタッフのみなさん、声優さん、タレントさんたちが、色々な具材を持ち寄ってくれて、プロデューサーである私の作業はアクを取るだけという…。今回、しみじみそう思いました。アクはきれいに取れていますので、ご安心ください」と、あくまで自分は「裏方のアク抜き係」であることを強調したコメントをしたりもしているのです。

それでいて、明石家さんまは「僕は昔から親子の愛情の物語に弱いんです」「肉子ちゃんみたいに、いつもゲラゲラ笑っている陽気でちょっとエエ加減なふくよかなおばちゃんは、やっぱり楽しいし、かなり思い入れがあります」などと原作が好きな理由、リスペクトも存分に語っています。前述した「大阪的なお笑い」の要素も肉子ちゃんというキャラにマッチしている、しっかりプラスとして働いているものでした。

No image

また、明石家さんまは前述したボイスキャストのキャスティングや演技指導にも関わっています。肉子ちゃん役の大竹しのぶは、「今回のお話をいただいて、プロデューサーの方のお名前を聞いたときは、エーッと思いました。 私ですか?みたいな」と、そりゃ元夫なんだからそうなるだろなコメントをしていて大笑いしてしまったのですが、実際の声の収録時に明石家さんまは大阪弁の一つ一つの細かいイントネーションまで丁寧に指導しており、良い収録現場だったと大竹しのぶも振り返っていたのだそうです。

そのボイスキャストの演技が、単なる客寄せ的な宣伝だけでない、作品をクオリティを一段も二段も押し上げているのですから、明石家さんまはプロデューサーの仕事を過不足なく、見事にこなしていると断言していいでしょう。そのため、明石家さんまが好きだという方だけなく、苦手だという方にもおすすめできるのです。

No image

余談ですが、明石家さんまが長男とIMALUの親権を大竹しのぶが持つかたちで離婚したという事実は、映画で描かれていた「母子家庭」を連想させ、そこには明石家さんまなりの「罪悪感」も反映されているのでは……と勝手な邪推もしてしまいました。「普通が一番ええのやで」という肉子ちゃんの口癖も、明石家さんまの座右の銘「生きてるだけで丸儲け」に少し通じているようにも思えます。明石家さんまのアクの強い芸風が全くノイズにならない一方で、原作に惚れ込みプロデュースを務めるだけの理由の「深読み」ができることも、本作の味わい深いところです。

--{5:有名映画のオマージュもあった!}--

5:有名映画のオマージュもあった!

本作には有名映画のオマージュも込められています。その1つが、良い意味でネタ的にはっきり提示される『となりのトトロ』(88)。美術監督を務めた木村真二は30年以上前に、『トトロ』のバス停のシーンに実際に関わっていたのだとか。

No image

他にも、木村真二は「一組の母娘が知らない土地にやってくる」という展開が共通している『ショコラ』(00)の物語とフランスの小さな町の風景が好きであり、『漁港の肉子ちゃん』でもほのぼのとした田舎の風景を伝えたいという思いもあったのだとか。さらに肉子ちゃんとキクコが一緒にフレンチトーストの朝食を作るのは『クレイマー、クレイマー』(79)の名シーンのオマージュだったりします(偶然にして明石家さんまも『クレイマー、クレイマー』が大好きだったのだとか)。

こうした先人の作品への愛情がたっぷり伝わることも嬉しいところ。物語やアニメの表現だけでなく、これらの「映画ネタ」を探せることも、楽しみにしてほしいです。

おまけ:このアニメ映画が好きな人に『漁港の肉子ちゃん』をおすすめ!

最後に、このアニメ映画が好きな人に『漁港の肉子ちゃん』をおすすめしたい、または『漁港を肉子ちゃん』が気に入った方にこのアニメ映画も観てほしいと心から願えた、3つの作品を紹介しましょう。

1.『マイマイ新子と千年の魔法』(09)

No image

(C)高樹のぶ子・マガジンハウス/「マイマイ新子」製作委員会

『この世界の片隅に』が絶賛に次ぐ絶賛で迎えられた片渕須直監督による作品です。(現代パートでは)ファンタジー的な展開がほとんどないこと、田舎での日常を丁寧に描いていることなどが『漁港の肉子ちゃん』と共通しています。2021年6月11日現在、U-NEXTで見放題です。

2.『おもひでぽろぽろ』(91)

No image

(C)1991 岡本螢・刀根夕子・Studio Ghibli・NH

ご存知、スタジオジブリ製作、高畑勲監督による、こちらもファンタジー色がほぼほぼないアニメ映画です。舞台となる様々な場所(特に田舎の)風景が細やかに描かれていること、年頃の女の子の「生理」が物語に関わってくるというのも『漁港の肉子ちゃん』と共通しています。どちらも子どもの頃に楽しめるのはもちろん、大人になると違った感動も得られるのかもしれません。

3.『大きい1年生と小さな2年生』(14)

No image

(C)古田足日・偕成社/A-1 Pictures/文化庁 アニメミライ2014

同名の児童文学作品を原作とした25分の短編作品であり、『漁港の肉子ちゃん』の渡辺歩が監督を手掛けています。幼い少年少女の冒険と成長の物語が微笑ましく、可愛いキャラのコミカルな動きや表情を繊細に、時にはダイナミックに描く渡辺歩の作家性がこちらでも全開です。こちらも2021年6月11日現在、U-NEXTで見放題ですよ。

(文:ヒナタカ)

--{『漁港の肉子ちゃん』作品情報}--

『漁港の肉子ちゃん』作品情報

ストーリー

食いしん坊で能天気な肉子ちゃん(声:大竹しのぶ)は、情に厚くて惚れっぽい。一方、11歳の娘・キクコは、クールでしっかり者。すぐ男にだまされる母・肉子ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。そんな2人は訳あって漁港の船で暮らしているが、その母娘の秘密が明らかになるとき、2人に最高の奇跡が訪れる……。

予告編

基本情報

声の出演:大竹しのぶ/Cocomi/花江夏樹/下野紘/吉岡里帆/マツコ・デラックス/中村育二/山西惇/八十田勇一/石井いづみ/本村玲奈/植野瑚子/原口紗綾

監督:渡辺歩

公開日:2021年6月11日(金)

製作国:日本

ヒナタカ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加