【ファーム情報】DeNAドラ3・粟飯原がサヨナラ打 ヤクルト・西浦が5安打 オリT―岡田は1号ソロ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/15

プロ野球のファームは14日、広島―中日戦(由宇)がコロナ禍の影響で中止。ロッテ―楽天戦(ロッテ浦和)、西武―巨人戦(カーミニークフィールド)も雨天中止となり、ファーム交流戦を含めて3試合が行われた。

DeNAは日本ハム戦(バッティングパレス相石スタジアムひらつか)の延長11回、7―6で逆転サヨナラ勝ち。最後は途中出場のドラフト3位・粟飯原(東京学館)がサヨナラの右前打を放った。9回に高城が同点の1号ソロ。田部が3安打2打点、育成選手の村川が3安打1打点、勝又が3安打。先発・京山が7回2/3を4安打9奪三振で5失点。日本ハム先発・立野は5回11安打6奪三振で3失点(自責0)。佐藤が7回に5号ソロ。ヌニエスが8回に1号満塁本塁打、延長11回に2号ソロと2打席連発。

ファーム交流戦のオリックス―ヤクルト戦(杉本商事バファローズスタジアム舞洲)は、ヤクルトが毎回の20安打を放って10―6。西浦が5安打1打点、武岡が4安打1打点だった。先発・市川は5回7安打5奪三振4失点で1勝目(5敗)。オリックス先発のドラフト1位・椋木(東北福祉大)は4回4安打1失点。3回にマッカーシーが1号3ラン、9回にT―岡田が1号ソロ。

阪神―ソフトバンク戦(鳴尾浜)は延長10回、1―1で引き分け。阪神先発・村上は7回4安打1失点(自責0)。小幡、片山が2安打。ソフトバンク先発・和田は6回2/3を7安打1失点。育成選手の緒方が2安打を放った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加