穴党記者が腕ぶすクイーンS。北の大地で波乱を呼ぶ3頭を狙い撃ち

穴党記者が腕ぶすクイーンS。北の大地で波乱を呼ぶ3頭を狙い撃ち

  • Sportiva
  • 更新日:2020/08/01

【写真】クイーンSの「大穴」は?『みんなのKEIBA』MCの堤礼実アナ、厳選フォト>> 先週から始まった札幌開催。今開催最初の重賞、牝馬限定のGIIIクイーンS(札幌・芝1800m)が8月2日に行なわれる。 過去10年の1番人気の成績を見てみると、5勝、2着2回、3着1回、着外2回。勝率5割、馬券圏内となる3着内率8割という高い数字を誇り、「牝馬重賞は荒れる」といった定説からはかけ離れた感がある。

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加