鈴木奈穂子、朝ドラに涙腺崩壊 ゲストIKKO「まぼろし~!」で「助かった」(大吉)

鈴木奈穂子、朝ドラに涙腺崩壊 ゲストIKKO「まぼろし~!」で「助かった」(大吉)

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/11/27

11月25日(2021年)の「あさイチ」(NHK総合)は、鈴木奈穂子キャスターの大号泣から始まった。(朝ドラのネタバレあり)

No image

直前に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」では、焼け野原と化した岡山で和菓子屋「たちばな」を再建しようと立ち上がった金太(甲本雅裕)のもとに、戦地に行った息子の算太(濱田岳)が戻ってくる。そこにラジオから漫才が流れ、金太の脳裏に家族みんなで笑った記憶がよみがえる。しかし、最後のナレーションで、実は金太が亡くなっていたことが明らかになる...という流れだった。

「ダメだ、もう...」

「ダメだ、もう...」と、涙が止まらない鈴木キャスターに、博多大吉キャスターは大慌て。大吉キャスター「どうしましょう。イチかバチかでニュースセンターに振ってみましょうかね。ニュースセンターの方、いない?まだいない...」

鈴木キャスター「(泣きながら)どうしよう...」

そこに、博多華丸キャスターが助け舟をだす。

華丸キャスター「これが噂の『まぼろし~』ってやつですよね」

大吉キャスター「そういうことだね。もうこの方に吹き飛ばしてもらおうかな」

そこで紹介されたのがゲストのIKKOさん。

IKKOさん「まぼろし~!!」

IKKOパワーで一気に雰囲気が変わったスタジオで、大吉は「あー、助かった。まぼろしの方がいてよかった」と胸をなでおろした。

さて、今回のシェア旅は「宮崎と青森の南北いいとこ取りスペシャル」。青森では今、縄文がブームになっているといい、遮光器土偶(通称・しゃこちゃん)や土器、縄文グッズなどが大人気だという。

IKKOさんは土偶をモチーフにしたメガネを着用し、「しゃこちゃ~ん!」と雄たけび。大吉キャスター「順応するのが早すぎるのよ」

IKKOさん「ドッキドキ(土っ器土器)!」

大吉キャスター「もう自分のものにしちゃってる」

(ピノコ)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加