東映会長・岡田裕介さん71歳で死去 急性大動脈解離

東映会長・岡田裕介さん71歳で死去 急性大動脈解離

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/11/20
No image

岡田裕介会長ご冥福をお祈りいたします

東映の代表取締役グループ会長を務めた岡田裕介(本名:岡田剛)さんが、11月18日の午後10時58分に急性大動脈解離のため都内病院で亡くなった。享年71歳。20日、東映が発表した。

俳優として1970年の『赤頭巾ちゃん気をつけて』で映画デビュー。『二人だけの朝』(1971)、『実録三億円事件 時効成立』(1975)などに出演し、『吶喊』(1976)でプロデューサーを兼任。深作欣二監督の『火宅の人』(1986)では、太宰治役を務めた。

No image

『実録三億円事件 時効成立』の岡田さん(左)(C)東映

プロデュース作品は主なものだけでも、『宇宙からのメッセージ』(1978)、『動乱』(1980)、『この子の七つのお祝いに』(1982)、『天国の駅 HEAVEN STATION』(1984)、『華の乱』(1988)、『きけ、わだつみの声 Last Friends』(1995)、『千年の恋 ひかる源氏物語』(2001)、『北の零年』(2005)、『北のカナリアたち』(2012)、『北の桜守』(2017)など多数。2021年公開予定の吉永小百合主演作『いのちの停車場』では陣頭指揮を執っていたが、完成を待たずしての急逝となった。

日本アカデミー賞協会会長、一般社団法人日本映画製作者連盟代表理事(会長)、株式会社ティ・ジョイ代表取締役社長なども歴任。新型コロナウィルスの影響で業界が苦境にあえぐなか、映画館の感染予防対策などを伝える「映画館に行こう!」キャンペーンでは、実行委員顧問も務めた。

通夜・告別式は、近親者で密葬として執り行う。後日、お別れの会などを開催する予定だが、詳細は未定。同社では「誠に勝手ではございますが、ご香典、ご供花、ご供物の儀は固くご辞退申し上げます」としている。(編集部・入倉功一)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加