NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
「できればもっと楽な試合にしたかったですけど...」 森保監督、U-24日本代表初戦勝利に喜び【東京五輪】

「できればもっと楽な試合にしたかったですけど...」 森保監督、U-24日本代表初戦勝利に喜び【東京五輪】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/07/23
No image

【写真:Getty Images】

【U-24日本 1-0 U-24南アフリカ 東京五輪・グループリーグA第1節】

東京五輪(東京オリンピック)・男子サッカーのグループリーグA第1節、U-24日本代表戦対U-24南アフリカ代表戦が22日に行われ、日本が1-0で勝利を収めた。森保一監督が試合を振り返ってコメントしている。

いよいよ迎えた東京五輪初戦、前半から優勢に試合を進めながらもなかなかゴールを奪えない展開が続いた日本。だが71分、エリア右から左足で強烈なシュートを突き刺した久保建英のゴールでついにこじ開けることに成功し、白星発進を飾った。

「できればもっと楽な試合にしたかったですけど、初戦の難しさを選手たちも感じながら、なかなかゴールを割らせてくれない中で我慢強く戦ってくれたことは、また次につながるかなと思います」と森保監督は試合後に語った。

南アフリカに新型コロナウイルス感染者が確認された影響により、直前まで試合の開催自体が不透明な状況だったが、チームに影響はなかったと指揮官は語る。「試合があるとかないとか、特に選手たちには声をかけていませんでした。相手のコロナ騒動で我々が惑わされないよに、自分たちの準備をしていこうということでずっとやってくれていました」

次節は中2日の25日、フランスとの初戦に4-1で見事な勝利を飾ったU-24メキシコ代表と激突する。「勝ち点3を獲って第2戦に進めるということは、非常にチームとしても良い形で次につながると思います。また最善の準備をして、選手たちが思い切ってプレーできるようにしていきたいと思います」と監督は見通しを示した。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加