AKB48柏木由紀、手術は今月末を予定「割と早めに進行している」

AKB48柏木由紀、手術は今月末を予定「割と早めに進行している」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/10
No image

難病といわれる「脊髄空洞症」の早期手術と治療のため休養することを発表したAKB48の柏木由紀(29)が9日、「ABEMA」のニュース番組「ABEMAPrime」にMCとして生出演。今月末にも手術を受ける予定であることを明かした。

報道番組のMCを務めるのは初とあり、番組冒頭「アベプラは大好きですごく見ていた。まさか自分がここに座る日が来るなんて思って無かったので、めちゃくちゃ興奮しています」とあいさつ。

病気が判明した際の心境について問われると、「まずは仕事のことが最初に頭に浮かんできた。コンサートや写真集の発売が控えていたので、そこまでやってから治療しようと思っていた。お医者さんや周りの方から、『仕事よりも自分の体が大事だ』と言われて、『人に迷惑をかけちゃいけない』と考えてしまう自分に気付いた」と振り返った。現在の症状については、「左手に少しだけ痺(しび)れがあるのと首がちょっと痛んでいて、痛み止めを飲みながら抑えられています」と説明。

今は治療に向け前向きな気持ちだというが、「割とちょっと早めに進行しているということが分かった。本来10月末くらいに手術する予定だったんですけど、ちょっとこのスピードで進んでいると、なるべく早く手術した方がいいと言われて、今月末ぐらいに手術の予定です」と明かした。「初めての手術、入院、さらに難病ということもあって心配ではありますけど、後で経験談として『こういうことがあったけど頑張ってきましたよ』と明るく話せるように頑張りたい」と笑顔で語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加