西川貴教 配信型ライブハウス、こけら落としステージで熱唱「憧れの場所」に感慨

西川貴教 配信型ライブハウス、こけら落としステージで熱唱「憧れの場所」に感慨

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

T.M.Revolutionこと西川貴教(50)が21日、配信型ライブハウス「日清食品 POWER STATION [REBOOT]」のこけら落としステージを行った。

No image

配信ライブで激しく歌う西川貴教

本番前には、8月29日に元フリーアナウンサーの妻(26)と再婚後初めて取材に対応。「夏にうれしい報告がありましたが」と水を向けられると「そうですね。皆さんのおかげです」とうれしそうな笑み。「これまで通り誠心誠意やっていくので、変わらず応援のほどよろしくお願いします」と頭を下げた。

1988年から10年間親しまれたライブハウス「NISSIN POWER STATION」の22年ぶりの再起動(REBOOT)。ロックバンド時代にステージに立っており「10代の頃、憧れの場所だった。コロナ禍でエンタメ業界が苦しく葛藤している中で、思いを支えてくれる場所ができた。しかもそこに自分が最初に立つことができるなんて」と感慨深げに語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加