阪神・藤原オーナー、チャンピオンフラッグ届ける!現場主義徹底「肌身に感じていく」

阪神・藤原オーナー、チャンピオンフラッグ届ける!現場主義徹底「肌身に感じていく」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/21

阪神は20日、藤原崇起オーナー(68)=阪神電鉄本社会長=が12月1日から球団社長を兼任すると発表した。10月に辞任を表明していた揚塩健治社長(60)の後を引き継ぐ。球団85周年で初めてとなるオーナー兼球団社長。来季はファンにチャンピオンフラッグを「お届けできるように」と、強い意気込みを語った。

オーナーと球団社長。猛虎85年の歴史で、初めて両役職を兼任する。伝統球団の大役を一手に背負うことになった藤原オーナーが、Vへの思いを新たにした。

「みなさん期待されるような、チャンピオンフラッグでみんなでお祝いしようよ、ということの中でオーナーとしてやってきているんですが、今年も2位だった。チャンピオンフラッグには届いてないわけですから。これからみなさんにもっとそういう風なことをお届けできるように」

2018年オフにオーナーに就任してから、2年。この日、大阪市内の電鉄本社で行われた取締役会で社長兼任が承認され、12月1日に着任することが決定。直後に本社で取材に応じた。

阪神では3月下旬に藤浪ら3選手、9月19日にも糸原ら5選手、スタッフ4人の新型コロナウイルス感染が確認された。球団内の内規を破っていたことも判明し、10月に揚塩社長が辞任を表明した。そんな状況での“奥の手”-。「経済もこういう状況の中で、今各部門ともいろいろ必死にやっている。総合的に考えて、私がやるということが今の1番いいやり方かな」と力説した。

「今度は現場へ行くのでね。もっと具体的なところに入っていく。そういう意味では私も緊張感がずいぶんあります」

現場主義を徹底することを強調し、球団で行われる会議に積極的に出席することも明言した。

自身は鉄道部門に配属され、運輸部や車両部など長く鉄道事業に従事。車掌も経験した。電車に乗り、線路に立ち、常に現場で汗をかいてきた鉄道マン人生-。「私も現場育ち。現場ばっかりやってきてますから、それ以外ノウハウがないんですよ」。現場での仕事に対する熱意は今の立場になっても変わらない。

現場により近い立場で運営に携わることで、課題も把握しやすくなる。また、これまでは球団で決定したことを本社にあげ、承認を得る流れだったが、オーナーが社長として現場にいれば意思決定もスムーズだ。「そういうことも、要請されるかもしれませんね」。

12日のオーナー報告後に、補強費について「ご心配には及びません」と話したことについては「社長(の立場)になると効率よく使ったかというのが出てくる。みんなの意見を聞きながら、どういう風なことに振り向けていくか」と言葉を選んだが、編成に携わる手腕も注目される。

「そのため(優勝)にやっている人の真っ只中に入っていくわけですから。それを肌身に感じて、いろんなことを一緒に考えていく、決定していく、実行していく、というのをやらないかんのでしょうね」

球団史に残る決断で86年目を迎える猛虎。総帥自ら汗をかき、16年ぶりの悲願への道の、先頭に立つ。(大石豊佳)

No image

2006年に阪神のキャンプ地や甲子園ではためいた05年セ・リーグ優勝のチャンピオンフラッグ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加