開幕戦は国学院栃木が夏初勝利 平井主将「楽しめた」/甲子園

開幕戦は国学院栃木が夏初勝利 平井主将「楽しめた」/甲子園

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/08/06
No image

五回、適時二塁打を放つ国学院栃木の平井甲子園(撮影・水島啓輔)

第104回全国高校野球選手権大会・第1日第1試合(日大三島3-10国学院栃木、1回戦、6日、甲子園)開幕戦は37年ぶりの出場となった国学院栃木が日大三島(静岡)に快勝。聖地で夏初勝利を挙げた。

序盤は3点のリードを許したが、四回に同点とし、五回に平井悠馬主将(3年)の適時二塁打で勝ち越した。中盤以降はキャプテンの一打で勢いに乗った打線が奮起。合計13安打を集めて10得点した。

平井主将は「(劣勢でも)終盤にチャンスが必ず来るので、そこを逃さないようにしようと話していました。楽しむことができました」と声を弾ませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加