【50代こそ食が肝心】食養生って難しい?実は簡単!秋におすすめ食材を気軽に食べよう!

【50代こそ食が肝心】食養生って難しい?実は簡単!秋におすすめ食材を気軽に食べよう!

  • ハルメク365
  • 更新日:2022/09/23

こんにちは。女性のみなさまの美と健康のお手伝いをしております鍼灸師、あんまマッサージ師の岸村有子です。秋も本番になってきました。楽しみながら実践できる「食養生」で『美と健康の秋』にしてみませんか?

No image

あらためて『養生』とは

ざっくりと、「体に良い生活をすること」とご理解いただいていると思います。

実は、養生には「心養生」「食養生」「動養生」「休養生」「薬の養生」「経絡の養生」など数々あり、それぞれ字の通り日々の生活に直結しています。

個人的に、この中で一番楽しみながら実行できるのが「食養生」だと思っています。

食養生って難しい?

「食養生=薬膳」というイメージがありますが、実はイコールではありません。

「薬膳」には食材と生薬(漢方薬の原料)を使用しますので、きちんと生薬の知識がなければ難しくなりますし、実際に私も中国では医療の一部として講義を受けました。

私たちが一般的に体に良い食事と考えるものは『養生食』と呼んだ方がしっくりくるかもしれません。

つまり薬ではないので、もっと自由に作れるのです!

食養生のポイントは?

まずはどんなお食事でもそうですが、おいしく楽しく続けることが1番のポイントです。

2番目のポイントである「季節のものや土地のもの」には、3つの意味があります。

1.新鮮である
2.その時の体に合う
3.手に入りやすい

例えば南国のフルーツには体を冷やすものが多く、冬に旬を迎える根菜類は体を温める作用があります。難しく考えなくても地産地消、旬の食材を中心にいただいていれば、自然と養生につながるのです。

秋の養生食

No image

無農薬の栗が届きました

No image

早速モンブランに

では実践していきましょう!

まず、食材には「寒、涼、温、熱」という性質があり、いずれにも当てはまらないちょうど中間に「平性」があります。寒さも暑さも厳しくない今頃は、平性の食材を中心に考えましょう。また秋は体の外部内部ともに乾燥対策が決め手になりますので、潤す食材がポイントになります。

■この時期におすすめの食材

大根、レンコン、ユリ根、カボチャ、ぎんなん、サツマイモ、豚肉、卵、ホタテ、アサリ、アワビ、イカ、エビ、白キクラゲ、白ごま、松の実、クコの実、クルミ、梨、ブドウ、栗、はちみつ、牛乳、チーズ、ヨーグルト

外食やテイクアウトの時にも、ちょっと気にするだけで続けられますよ。

No image

豚肉とキノコのラビオリ ヨーグルトソースかけ

No image

クルミとレーズンたっぷりのカボチャケーキ

《秋分》

No image

秋の彼岸 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

しゅうぶん 二十四節気16番目。9月23日~10月7日

昼と夜の長さがほぼ同じになり、秋らしくなります。お散歩を楽しんだり運動をするには気持ちの良い季節ですね。

■もっと知りたい■

潤いのために『白とフルーツ』に注目!秋の養生♪

岸村有子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加