前田敦子、天才ぶりは「秋元さんが見つけてくれた時」から!?

前田敦子、天才ぶりは「秋元さんが見つけてくれた時」から!?

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/08/07
No image

俳優・成田凌(28)、元AKB48で女優の前田敦子(31)が6日、都内で行われた映画「コンビニエンス・ストーリー」(三木聡監督)の公開記念舞台挨拶に登壇した。

スランプ中の若手脚本家・加藤(成田)がひょんなことから欲しいものが何でも見つかるコンビニエンスストア「リソーマート」に迷い込み、妖艶な人妻・惠子(前田)と出会い創作意欲が湧き始める“コンビニ発、ちょっと異世界アドベンチャー”。

主演の成田は、念願の“三木組”参加となり「毎日過酷な日々だったけど、幸せでした」と撮影を回想。「脚本の1ページ目から『三木聡が書く脚本だ』と感じた。10代の時から一緒にお仕事したかったお方なので、湧き上がっていた」と声を弾ませた。前田も“三木ワールド”に翻弄されたといい、「どこだろうここみたいな所で撮影が行われていた。監督の演出は三木監督でしかない。夢見心地だった」と笑顔で振り返った。

二人は三木監督から、「静の天才、成田凌。動の天才、前田敦子」と評された。その上で「世界的レベルの才能。天才ぶりはどこから?(AKBの)センターにいる時から?」と聞かれた前田は、「秋元(康)さんが見つけてくれた時じゃないですか」と明かし、はにかんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加