どうしても「人の目」が気になる人の心理って? 性格の特徴や改善方法を解明してみたところ...

どうしても「人の目」が気になる人の心理って? 性格の特徴や改善方法を解明してみたところ...

  • Oggi.jp
  • 更新日:2022/09/23
No image

あなたは「人の目」を気にするタイプですか? 人からどう思われているかを気にしすぎると、しんどいと感じることもありますよね。そこで今回は、「人の目」が気になる人の心理や性格の特徴、改善方法などを解説します。「人の目」を気にせず、自分らしくいたいと思う方はチェックしてみてください。

普段生活していて、どうしても「人の目」を気にしてしまうことはありませんか? 「本当はこうしてみたい」ということがあるのに、他人の目を気にして我慢してしまう人も多いかもしれません。今回は、「人の目」が気になる原因や「人の目」を気にしない方法などを解説します。「人の目」を気にし過ぎて困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「人の目」が気になる心理や原因とは?

そもそも、どうして周りの「人の目」を気にしてしまうのでしょうか? その心理や原因を探っていきましょう。

No image

(c)Shutterstock.com

1:他人からの評価に敏感

「人の目」を気にするということは、他人からどう評価されているのかを強く意識しているとも言えます。こんなことを言ったら嫌われるのではないか、幻滅されてしまうのではないかと不安になってしまうのです。常に他人から良い人に思われたいという気持ちを持っているために、「人の目」を気にし過ぎてしまうのかもしれませんね。

2:嫌われることが怖い

「人の目」を気にする人は、他人から嫌われることを極端に恐れています。良い人だと思われたいため、些細な会話の中でも「どう振る舞ったら良い人に思われるか」を考えてしまいます。いつも家族や友人がどう思うかを優先してしまうので、肝心な「自分がどうしたいのか」がわからなくなってしまうのです。

3:自己肯定感が低い

自己肯定感の低さも「人の目」を気にしてしまう原因の一つ。自己肯定感とは、ありのままの自分を受け入れる感覚のことです。自己肯定感が低いと、素の自分が好きになれず、自分の決断にも自信が持てなくなってしまいます。そのため、物事を判断する時に他人に頼らざる終えなくなるのです。

4:過去にトラウマがある

過去に誰かからいじめられたり、仲間外れにされたなどの経験がある人は、「人の目」を気にしてしまいやすいです。人から嫌われたくないという気持ちから、人の顔色をうかがって行動したり、嫌なことを断れないことも多々あります。「これを言ったら嫌われるかも…」という恐怖心から、なかなか自分の思っていることを口に出すことができません。

「人の目」を気にしてしまう人の特徴とは?

「人の目」を気にする人には、ある共通する考え方や行動の特徴があります。自分自身や身の回りの人に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

No image

(c)Shutterstock.com

1:自意識過剰

「人の目」が気になる人は、自意識過剰な傾向も。「自分の行動が常に誰かから見られているのでは」と感じ、なかなか自由に振舞えません。言葉遣いやちょっとした仕草、笑った表情などが変だと思われていないか不安に感じてしまい、態度がぎこちなくなってしまうことも。職場や学校での共同生活に息苦しさを感じることも少なくありません。

2:マイナス思考

「人の目」が気になる人は、何でもネガティブに考えてしまう癖があるようです。例えば、友達と話している時でも「退屈していないかな」「自分のことをつまらないと思っているのでは」と悪い方向に考えてしまいます。その結果、人と会うのが億劫になったり、コミュニケーションをとることを苦手に感じてしまう人も多いでしょう。

3:心配性で繊細な性格

繊細な性格の人も、「人の目」を気にしやすい傾向が。相手のふとした表情や仕草から「何か悪いことを言ってしまったかもしれない」と不安になってしまいます。人の感情の変化に気づくことは長所でもあるのですが、反面「人の目」や顔色を伺ってしまうこともあるようです。

「人の目」を気にしない方法とは?

「人の目」を気にして、自分らしく振る舞えなかったり、好きな異性にアプローチできないなどのお悩みを持っている人も多いはず。「人の目」を気にせず、おおらかに生きるにはどうしたら良いのでしょうか? そのポイントをお伝えします。

No image

(c)Shutterstock.com

1:自分の本心を大切にし、行動してみる

「人の目」が気になるのは、自分よりも他人の気持ちや考えを優先してしまうから。相手の考えを尊重することは大切なことですが、それに縛られていると自分らしさを失ってしまうことも事実です。まずは、自分自身の本心に目を向けて、「こうしたい」と思ったことから始めてみてはいかがでしょうか。

2:楽観的に考える習慣を作る

考え方がネガティブであったり、心配性な人は細かいことを気にしすぎるところがあります。「初めから完璧な人はいない」「少しくらい失敗しても大丈夫」などと楽観的に考えることができれば、人の視線に対する恐怖感も和らいでいくことでしょう。人と接するときも「嫌われたらどうしよう」ではなく、「少しでも仲良くなれたら」という前向きな気持ちを持ってみると良いでしょう。

3:全員から好かれようとしない

「人の目」が気になる人は、無意識のうちに全ての人に良く思われたいと考えているところがあります。そのため、職場や学校などで、意見の合わない人と接すると落ち込んでしまうのです。ですが、本来人はそれぞれ性格も育った環境も異なり、考えや価値観に食い違いが起きることも当たり前のことです。全員から好かれようとせず、「少人数でも、自分のことを理解してくれる人がいれば十分」と考えると気持ちも楽になりますよ。

4:イメチェンしてみる

「人の目」が気になるのは、もしかしたら自分の容姿や外見に自信がないということも原因かもしれません。自分にコンプレックスがあると、あまり人から見られたくないと感じてしまいがち。

まずは、服装や髪型、メイク方法などをガラッと変えて見た目の印象から変えてみてはいかがでしょうか? 身なりを整えたり、適度に流行を取り入れたファッションに身を包むことによって、気持ちが前向きになり「人の目」が気にならなくなるかもしれません。

最後に

「人の目」が気になる原因や性格の特徴、「人の目」を気にしない方法は理解できましたか? 「人の目」を気にし過ぎてしまうと、自分らしく振る舞えなかったり、自分の本心に気づきにくくなってしまいます。

まずは、少しずつ自分の本心を言葉にして周りの人に伝えたり、気になることにチャレンジしてみることから始めてみましょう。「人の目」を気にせず、自分らしさを発揮できると良いですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加