チェルシー守護神メンディがFIFAに苦言! 男子最優秀GK候補の画像で自身のみアンダーシャツ

チェルシー守護神メンディがFIFAに苦言! 男子最優秀GK候補の画像で自身のみアンダーシャツ

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/11/25
No image

チェルシーに所属するセネガル代表GKエドゥアール・メンディが、国際サッカー連盟(FIFA)の公式ソーシャルメディアチームに苦言を呈した。

【画像】問題の投稿と差し替え後の投稿

FIFAは22日、2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男女各賞候補者を発表した。

その中で、昨シーズンのチェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献するなど、加入1年目で見事なパフォーマンスを披露したメンディは、アリソン・ベッカー(ブラジル/リバプール)、ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン)、マヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)、カスパー・シュマイケル(デンマーク/レスター・シティ)と共に男子最優秀GKの最終候補にノミネートされていた。

メンディはそのこと自体を光栄に思っているものの、FIFAの公式SNSが投稿した候補者5名の写真に対して苦言を呈した。

今回投稿された5名の選手を合成した画像ではアリソン、ドンナルンマ、ノイアー、シュマイケルの4名が代表チームのGKユニフォームを着用していたが、メンディだけユニフォームの下に着用していると思われるアンダーシャツの姿だった。

写真などの取り扱いに制限がある一般のメディアなどであれば、セネガル代表でプレーするメンディの写真がなかったことによる窮余の対応と考えられなくもない。しかし、FIFAであればその線は考えにくく、単純に配慮のなさと指摘されてもおかしくない。

そして、先日にもマンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディの複数に渡る強姦容疑による起訴のニュースで、一部メディアが自身の写真を取り違えたことに憤りを示していたチェルシー守護神は、今回も自身の『インスタグラム』のストーリー機能を通じて、FIFAの対応に苦言を呈している。

「2日間、この投稿を見て理由を理解しようとしているけど、それでもわからないよ」

「僕だけが母国セネガルのユニフォームを着ていないのは普通のことなのか? それはセネガルにとって公平なことなのか?」

なお、今回のメンディの指摘を受け、FIFAの公式SNSは同選手がセネガル代表のユニフォームを着用している画像に差し替えている。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加