パナソニック、ブルーレイディスクの生産終了 「市場規模が縮小」

パナソニック、ブルーレイディスクの生産終了 「市場規模が縮小」

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/01/25
No image

"パナソニックの看板=大阪府門真市"

パナソニックは、録画用のブルーレイディスク全36モデルの生産を2月で終了する。後継商品はないという。25日までに、同社がホームページで発表した。

【写真】パナソニックは、一部の家電製品については「値下げナシ」の方針を導入した。その理由は、これまでの「バケツリレー」のような開発にあるという

広報担当者は撤退の理由について、「市場規模の縮小に伴い、継続生産が困難であるため」と説明している。ネット配信での動画視聴や、データをクラウドで保存することが増えたため、利用が少なくなっているという。

パナソニックグループでは、2006年から録画用ブルーレイディスクを生産・販売していた。今回、生産を終了するのは、繰り返し録画できる13モデルと、1回録画タイプの23モデル。現在は岡山県津山市の工場で生産しているが、今後生産ラインをどうするかは未定という。(栗林史子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加