映画好きのオトナ必見! 若者誘って語り合おう。1年掛かりの名作映画体験PJ

映画好きのオトナ必見! 若者誘って語り合おう。1年掛かりの名作映画体験PJ

  • MOVIE Collection
  • 更新日:2022/06/23
No image

TM & (C)MCMXCIII by Paramount Picture Corporation. All Rights Reserved.

名作連続上映プロジェクト「12ヶ月のシネマリレー」

名作連続上映プロジェクト「12ヶ月のシネマリレー」が8月5日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほかにて開催。発表にあわせて、ポスタービジュアルと予告編が公開された。

・このたび公開された予告編はコチラ!

このたび公開されたポスターは、両サイドに本特集で上映される12作品のタイトルが添えられ、『ラストエンペラー』の幼き溥儀が中心に据えられたダイナミックなデザインが印象的。

「ふたたび出会う。いまこそ出会う。」というキャッチコピーが示すとおり、公開当時に劇場へ足を運んだ世代にも、これまで劇場で見る機会のなかった若い世代にも訴求するメッセージ性の高いものになっている。

予告編では、冒頭に『薔薇の名前』のショーン・コネリー、『ギルバート・グレイプ』のレオナルド・ディカプリオ、『カラヴァッジオ』のティルダ・スウィントンなど、誰もが知る映画スターたちが若き日の姿で現れ、次々と映し出される。

また、「映画館から未来(あなた)へつなぐ」の言葉にあるとおり、配信サービス全盛の時代、コロナ禍以降を生きる世代に“映画館”というリアルな場所での映画体験の素晴らしさを繋いでいきたいというコンセプトがうかがえる。

名作連続上映プロジェクト「12ヶ月のシネマリレー」は、8月5日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほかで全国順次公開される。

上映作品紹介

第1弾 『ギルバート・グレイプ』(93年)監督:ラッセ・ハルストレム/第66回アカデミー賞助演男優賞ノミネート、第51回ゴールデングローブ賞助演男優賞ノミネート

第2弾 『アナザー・カントリー HDニューマスター版』(84年)監督:マレク・カニエフスカ/第37回カンヌ国際映画祭最優秀芸術貢献賞受賞

第3弾 『殺し屋たちの挽歌』(84年) 監督:スティーヴン・フリアーズ ※劇場初公開

第4弾 『黒い牡牛 レストア版』(56年) 監督:アーヴィング・ラッパー ※国内最終上映/第29回アカデミー賞原案賞受賞

第5弾 『裸のランチ 4Kレストア版』(91年) 監督:デヴィッド・クローネンバーグ/第57回NY映画批評家協会賞 最優秀脚本賞・最優秀助演女優賞受賞

第6弾 『ラストエンペラー 劇場公開版 4K レストア』(87年) 監督:ベルナルド・ベルトルッチ/第60回アカデミー賞9部門受賞、第45回ゴールデングローブ賞4部門受賞

第7弾 『カラヴァッジオ』(86年) 監督:デレク・ジャーマン/第36回ベルリン国際映画祭銀熊賞(優秀個人賞)受賞

第8弾 『マリリンとアインシュタイン』(85年)監督:ニコラス・ローグ/第38回カンヌ国際映画祭フランス映画高等技術委員会賞受賞

第9弾 『薔薇の名前 レストア版』(86年)監督:ジャン=ジャック・アノー

第10弾 『左利きの女 4Kレストア版』(77年) 監督:ペーター・ハントケ ※劇場初公開

第11弾 『ことの次第 4Kレストア版』(81年) 監督:ヴィム・ヴェンダース/第39回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞

第12弾 『クライング・ゲーム デジタルリマスター版』(92年) 監督:ニール・ジョーダン /第65回 アカデミー賞®脚本賞受賞

[料金]
通常料金¥1,500均一/HC割 ¥1,000
※記載以外の割引サービス、招待券、優待券 使用不可
※プレチケで販売するトークイベント付きの上映回は料金が異なる場合も。チケット代のほか別途システム利用料(160円/枚)

ムビコレ編集者

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加