ソフトバンクが逆転 不振の中村晃が2点打

ソフトバンクが逆転 不振の中村晃が2点打

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/08

(パ・リーグ、日本ハム-ソフトバンク、3回戦、8日、札幌ドーム)ソフトバンクが中村晃外野手(31)の一打で八回に逆転に成功した。1点を追う八回、マウンドにはセットアッパーの宮西。先頭の柳田が左前打を放つと、グラシアルも投手強襲の内野安打。栗原はバントを試みながら、最後は四球をもぎ取った。無死満塁として、デスパイネが同点の中犠飛。中村晃が打席に立った。

フルカウントまで持っていくと、内角に入ってきた直球に詰まりながらも右前に落とした。試合前の時点で打率・143。ホークスが誇るヒットマンも苦しんでいたが、塁上では両手を掲げて喜んだ。7日に挙げた今季初打点に続いて、2試合連続の打点となった。

No image

8回、適時打を放ったソフトバンク・中村晃=札幌ドーム(撮影・三浦幸太郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加