東京労災病院の管理栄養士がチェック!疲れ、血圧、血糖値が気になる人のための「コンビニごはん」の選び方

東京労災病院の管理栄養士がチェック!疲れ、血圧、血糖値が気になる人のための「コンビニごはん」の選び方

  • @DIME
  • 更新日:2021/05/04
No image

@DIME記事の中からコンビニごはんに関する記事4本を厳選して紹介。

コンビニごはん

東京労災病院の管理栄養士がチェック!疲れが気になる人におすすめの「コンビニごはん」の選び方

No image

疲労回復にビタミンB群は必須。「甘いものを食べて解消」と言いますが、糖質を代謝する際にビタミンB1が使われ、糖質をエネルギーに変えられないので、かえって疲れやすくなります。 [例えば、こんな組み合わせ] ビタミンB1が含まれているたらこは、たんぱく質も豊富。足りない野菜は、抗酸化ビタミンACEが揃う、ほうれん草をセレクト。

【参考】https://dime.jp/genre/1120326/

血圧が気になる人の健康不安を解消する「コンビニごはん」最強の組み合わせ

No image

カリウムや食物繊維は、血圧を安定させる効果が期待できます。おすすめは海藻類、きのこ類、いも類、果物。減塩も血圧を下げるうえで重要なので、塩辛いものを避けましょう。 [例えば、こんな組み合わせ] 総菜パンを選ぶなら食物繊維が豊富なもち麦パンを。緑黄色野菜のサラダをプラスすれば、カリウムが摂れるビタミンACEを補えます。

【参考】https://dime.jp/genre/1120279/

血糖値が気になる人の健康不安を解消する「コンビニごはん」最強の組み合わせ

No image

糖尿病は視力や腎機能の低下、心臓病、認知症などの合併症を引き起こします。(1)欠食をしない、(2)野菜を先に食べる「ベジタブルファースト」、(3)糖質を減らすと有効といわれています。 [例えば、こんな組み合わせ] 血糖値は主食選びが重要なポイントなので、スーパー大麦のようなメニューをチェック。副菜には、たんぱく質や食物繊維が多いものを!

【参考】https://dime.jp/genre/1120310/

「コンビニ弁当=不健康」だと思ったら大間違い!管理栄養士が実際に食べて選んだカラダにやさしいコンビニごはん100

健康診断や人間ドックを受診した際によく聞く「なるべく自炊をしましょう」「野菜を料理してたくさん食べましょう」というアドバイス。 とくにメタボ気味の体型になれば、なおさらですよね。 しかし、毎日忙しく働いている我々勤労者にとっては、「そんなの百も承知だけど、実行するのは到底ムリ!」というのが正直なところでは!?

【参考】https://dime.jp/genre/1127578/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加