桐蔭横浜大“最高の世代”過去最多7人のJリーグ内定選手が合同会見「開幕スタメン狙っていきます」

桐蔭横浜大“最高の世代”過去最多7人のJリーグ内定選手が合同会見「開幕スタメン狙っていきます」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/01/13
No image

桐蔭横浜大は13日、Jリーグ加入内定選手の合同記者会見を行った。近年、コンスタントに3、4人のJリーガーを輩出している新興校だが、1学年から7人のJリーガーが誕生するのは過去最多。安武亨監督も「これまでで最高の世代だった。プロで活躍してくれると確信しています」と期待を語った。

以下、会見に出席した7選手のコメントと安武監督の選手評

●MF橘田健人(4年=神村学園高/川崎F内定)

「1年目から厳しい戦いが始まりますが、少しでも早く試合に出場し、チームの勝利に貢献したいと思います」

監督評

「性格が非常に優しくてプロになって心配ですが、しっかり戦ってくれると思います。もともと技術力が高くて、それだけでもいい選手でしたが、大学で守備力もついた。フロンターレで試合に出さえすれば、日本代表候補選手になれると思いますし、なれると願っています」

●DF遠藤凌(4年=浦和ユース/新潟内定)

「特長は守備の部分はもちろんですが、攻撃でもパスやフィード、セットプレーからの得点を武器としています。1年目からレギュラーとして活躍できるように頑張りたいと思います」

監督評

「キャプテンとしてチームを支えてくれて頼もしかった。(去年のキャプテンの)眞鍋旭輝(現山口)がいなくなって今年どうなるかと思ったけど、遠藤が有り余る活躍をしてくれた。彼がいるいないでは全く別の試合にだっと思います」

●MF松本幹太(4年=東京Vユース/山形内定)

「自分の特長はスピードや攻撃力だと思っています。期待してもらっているので、その特長を出して山形の皆さんに好かれるように、喜んでもらえるように頑張りたいと思います」

監督評

「日本では貴重な左利きのドリブラー。非常にスピードがあって、勝気な性格はプロ向き。彼も4年生になって一皮むけた。大人になって、自分の課題と向き合うようになって、グッと成長した。もっと成長すると思います」

●FW鳥海芳樹(4年=桐光学園高/甲府内定)

「プロの世界は今までより厳しい世界になると思いますが、自分の特長であるドリブルや大学で磨いた守備力で自分の色を出して、開幕スタメンを狙っていきます」

監督評

「高校時代は日本高校選抜の10番を背負うなど、鳴り物入りで桐蔭横浜大に来てくれた。1年生の時から試合に出続けてくれて、順調に成長してくれた。苦しみながらプレーしていた時期もあったが、彼も4年生になって一皮むけた。相手の脅威になれる左サイドのドリブラーに成長してくれました」

●MF神垣陸(4年=尚志高/山口内定)

「長短のパスでゲームを組み立てることが長所。その特長を生かしながら、1年目から開幕スタメンが取れるように頑張っていきたいと思います」

監督評

「神垣は3年生の前期まで桐蔭横浜大の社会人チームで活躍していた選手だったんですが、(同年夏の)天皇杯予選のSC相模原戦で輝いた。それで3年生の後期からスタメンで使いだしました。その年は半分しか出ていないけど、全日本大学選抜に選ばれた。急激な成長をみせてくれた。橘田と神垣は日本の大学の中でもトップのダブルボランチだったと思っています」

●DF岩下航(4年=前橋育英高/熊本内定)

「地元であるロアッソ熊本のJ2昇格のために、いち早くピッチに立ち、ファン・サポーターの皆さんに勝利を届られるように頑張ります。夢と希望を与えられるようなサッカー選手になりたいと思っています」

監督評

「今は左SBですが、前橋育英から来たときはトップ下の選手だった。八城総監督がSBならプロになれるとコンバートさせた。彼はその期待に応えてくれました。もともと守備は好きじゃないイメージがあったけど、今では対人も強いし、大学ではトップのSBに成長してくれたと思います」

●FW加々美登生(4年=甲府U-18/岩手内定)

「特長は攻守のハードワーク、スピードに乗った縦への推進力。存分に発揮して、J2昇格に貢献できるように頑張りたいと思います」

監督評

「正直に話すと、トップチームでこれだけ活躍する選手になると思わなかった。でも彼は3年間直向きにプレーして、4年生になって急角度で伸びてくれた。今ではJからも注目される選手にまで成長してくれた。間違いなく活躍できると思います」

☆桐蔭横浜大サッカー部

1998年に風間八宏氏を監督に迎え入れて本格的に強化を開始。現監督の安武亨氏は強化2期生になる。2007年に関東2部に昇格。13年より関東1部を戦い、19年には過去最高の2位に躍進。同年初出場した大学選手権(インカレ)では準優勝を飾った。主なOBにDF野上結貴(広島)、DF大崎玲央(神戸)、DF山根視来(川崎F)、GK田中雄大(秋田)、MFイサカ・ゼイン(川崎F)がいる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2021シーズンJリーグ特集ページ

●2021シーズン新体制&背番号一覧

●2021年Jリーグ移籍情報

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加