76ers、ベン・シモンズ放出の見返りで獲得できる大黒柱エンビードの“理想の共演者”は?

76ers、ベン・シモンズ放出の見返りで獲得できる大黒柱エンビードの“理想の共演者”は?

  • NBA Rakuten NEWS
  • 更新日:2022/01/15
No image

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)は、主力のベン・シモンズが今季1試合もプレイしていないなかで、イースタン・カンファレンス5位(23勝17敗)と好位置をキープしている。日本時間2月11日(現地10日)のトレード・デッドラインが近づき、放出の噂も再燃するなかで、『Sporting News』のカイル・アービング記者が特集を組んだ。

「ベン・シモンズのトレードで、ジョエル・エンビードにとって理想の共演者は?」

アービング記者が着目したのは、シモンズ放出の見返りとして、大黒柱エンビードとどれだけマッチできる選手を獲れるか、という点だ。

エンビードは今季ここまでリーグ5位の平均27.1得点、同9位の10.5リバウンド、4.3アシスト、1.1スティール、1.4ブロックとMVP級の活躍を披露。とりわけ、昨年12月27日(同26日)のワシントン・ウィザーズ戦から、ウィルト・チェンバレン、アレン・アイバーソンに続いてフランチャイズ史上3人目となる8試合連続30得点以上をマーク中で、チームもその間に7勝1敗と好調をキープしている。

ブルックリン・ネッツやロサンゼルス・レイカーズなどスーパーチームがひきしめき、優勝するためには複数のスターが不可欠な現代においては、エンビードの1人体制でNBAタイトルを掴み取るのは容易ではない。それだけに、願わくはトレード交渉が膠着しているシモンズを駒に、なんとか即戦力のスターを確保したいところだろう。

アービング記者は、「エンビードと共闘するのに最も適しているのは、シュートクリエイトできるガードもしくはウイングの選手」としたうえで、デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)、ジェームズ・ハーデン(ブルックリン・ネッツ)、ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)、ジェイレン・ブラウン(ボストン・セルティックス)の名前を挙げたが、ライバルチームとの関係などの背景も踏まえ、可能性は低いと予想。そのなかで、「興味深い選手」と評したのは、サクラメント・キングスのバディ・ヒールドとタイリース・ハリバートンのセットだ。

ヒールドはリーグ屈指のシューター、ハリバートンも2年目の21歳ながらシュート力とゲームメイクのセンスを備えたコンボガードで、シクサーズにとっては補完性の高いタレントと言える。ドラフト指名権の行方次第で破談の可能性も高いと指摘されているが、果たしてシモンズ問題はどのような結末を迎えるだろうか。

(C)2022 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加