【広島】中村奨成、サヨナラの本塁生還...のはずが寸前ああああ!足もつれ...痛恨転倒で延長10回V機を逃す

【広島】中村奨成、サヨナラの本塁生還...のはずが寸前ああああ!足もつれ...痛恨転倒で延長10回V機を逃す

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/06/23
No image

◆JERAセ・リーグ 広島―阪神(23日・マツダ)

広島は、3―3同点の延長10回に代走・中村奨成捕手の痛恨の転倒でサヨナラ機を逃す場面があった。

延長10回は、2死一塁から菊池涼が左翼線に痛烈な打球を放った。中村奨は一塁から果敢に本塁生還を狙ったが、三塁を回ったところで激しく転倒。必死に起き上がって再び本塁へと向かったものの、あえなくタッチアウト。左翼・島田からの返球で本塁でのタイミングは微妙だったものの、貴重なチャンスをモノにできなかった。

今季は開幕から負けなしの阪神を相手に序盤は劣勢だった。初回に守備の乱れもあって2点ビハインドとなったが、5回に上本の2点三塁打で同点に追い付き、7回に堂林の今季2本目となる代打弾で一時勝ち越しに成功。だが、9回に登板した守護神・栗林が同点を許し、2夜連続で延長戦に突入。前夜は、延長11回に宇草が自身初のサヨナラ本塁打で劇的勝利を収めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加