ソフトバンク二保は不運も...自責点「1」で5回途中降板

ソフトバンク二保は不運も...自責点「1」で5回途中降板

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/09/17
No image

◆日本ハム4-5ソフトバンク(16日、札幌ドーム)

中12日で先発した二保は5回を投げ切れなかった。

1点リードの2回、先頭の渡辺に二塁打を許すと、続く大田に中前へ同点打を浴びる。川瀬の失策も重なり、この回一挙3失点で逆転された。5回も1死二、三塁とピンチを招いたところで降板。自責点は1だが「先制点を取ってもらったのに簡単に逆転されてしまい申し訳ない。野手のエラーをカバーすることができず悔しい」と猛省した。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加