照ノ富士「勝っていきたいと」一緒に初土俵踏んだ明生下し無傷の12連勝

照ノ富士「勝っていきたいと」一緒に初土俵踏んだ明生下し無傷の12連勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/26
No image

照ノ富士は明生(右)を掛け投げで破る(撮影・小沢裕)

<大相撲九州場所>12日目◇25日◇福岡国際センター

横綱照ノ富士(29=伊勢ケ浜)は初の全勝優勝へ突き進む。先場所、初めて敗れた明生に攻め込まれたが土俵際、かけてきた足をはね上げる掛け投げを決めて12連勝とした。

明生とは同じ11年5月の技量審査場所で初土俵を踏んだ。それだけに強い思いがある。「入ってきてずっと一緒に稽古して、部屋の合宿にも来て、仲良くやってますから。だから勝っていきたいと思っていました」。ここまで死角を見せない横綱にとっても、勝負の残り3日間となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加