MACKA-CHIN、約6年ぶりとなるオリジナルAL『muon』リリース

MACKA-CHIN、約6年ぶりとなるオリジナルAL『muon』リリース

  • BARKS
  • 更新日:2022/11/25
No image

MACKA-CHINが約6年ぶりに放つオリジナル・アルバム『muon』がリリースされる。

◆MACKA-CHIN 関連画像

NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのブレイン的な存在としてシーン内で広く知られており、ソロとしてもラッパー/ミュージシャン/ビートメイカー/プロデューサー/映像クリエイター/DJなどなど独自の視点と嗜好とセンスの赴くままにマイペースな活動を継続し、TOKYO FM「MURO PRESENTS KING OF DIGGIN'」ではパーソナリティ/クリエイティブ・ディレクターを務め、また海外へ向けたMADE IN JAPANな新レーベル「雲見レコード」の設立などマルチに音楽業界を賑やかすMACKA-CHIN。

多数のアーティストをゲストに迎え、プロデューサー・アルバム的な色合いの強かった2016年リリースの前作『MARIRIN CAFÉ BLUE』から一転、本作ではゲストなしでMACKA-CHINがフルでラップを聴かせ、また全曲を自身でトラックメイク&プロデュースした純然たる独立独歩なソロ・アルバムと言える。昨今の本人的なブームでもあるアンビエント〜チルなサウンドを中心に、ハウスやワールドミュージックなどの要素もミックスし、雑多な嗜好を反映させた振り幅広めの作品となった。

今作は敬愛する写真家・矢内絵奈がこれまでに撮影してきた膨大なコレクションの中からMACKA-CHIN自身がアルバムのイメージにあったものをセレクトしてアートワークにフィーチャー。アルバム制作にもインスピレーションを与えてくれており、MACKA-CHINと矢内とのコラボレーション・アルバムとも言える作品である。

No image

『muon』

2022年12月14日(水)
P-VINE, Inc. PCD-25350 2.750円(税込)

■トラックリスト
1. ホシトソラ
2. つなぐ風
3. earthwind
4. NOTV
5. ヨルノモリ
6. 綺麗(INST)
7. マデイラ島
8. アイガーの夕陽
9. YUKIYAMA
PRODUCED BY MACKA-CHIN
MIXED & MASTERED BY ZKA FOR MOUNDEIGHT STUDIO

◆MACKA-CHIN Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加