【365日豆皿つまみ】“舞茸ソテーのミモレットかけ”|9月 ワタナベマキの秋の家つまみ。

【365日豆皿つまみ】“舞茸ソテーのミモレットかけ”|9月 ワタナベマキの秋の家つまみ。

  • カーサ ブルータス
  • 更新日:2022/09/28

September 23, 2022 | Food, Design | 365 MAMEZARA TSUMAMI | food & styling_Maki Watanabe photo_Kiyoko Eto text_Housekeeper

お気に入りの豆皿に新しい味をひとつ盛って、食卓を少し賑やかに。9月は料理家のワタナベマキさんのレシピをご紹介。根菜やきのこ、果物など、旬を迎える食材が多く、料理の幅も広がる時期。スパイス使いや素材の組み合わせ方で、グッとお酒がすすむおつまみを、豆皿のストーリーとともにお楽しみください。【9月23日】

●舞茸ソテーのミモレットかけ

No image

秋が旬のきのこ類は、まずはあまり手を加えず、シンプルに素材の旨味を味わってみてください。手でさっくりとほぐして焼くだけで香りが立ち、とっておきのごちそうになります。舞茸ならではのプリッとした食感を味わってほしいので、あまり細かくほぐさず、あえて大きめに。最後にミモレットをかけて塩味をプラスします。

1. 舞茸は食べやすい大きさに分ける。
2. フライパンにオリーブオイルを入れ中火にかけ、1を入れて軽く焼き目がつくまで焼く。
3. 2を器にのせ、削りたてのミモレットをのせる。

本日の豆皿:井山三希子さんの豆皿

No image

独特な陰影がやわらかな雰囲気を醸す井山さんの豆皿は、数年前に〈コホロ〉で出合った1枚。控えめで気品を感じる佇まいが気に入って購入しました。素材を味わうシンプルな料理と相性がよく、さりげなく引き立てて、食卓を豊かに演出してくれます。

casabrutus.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加