阪神・サンズが来日初の一塁守備でハッスルプレー 全く違和感なし

阪神・サンズが来日初の一塁守備でハッスルプレー 全く違和感なし

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

飛び出した淺間(左)へタッチをするサンズ(撮影・田中太一)

「日本ハム-阪神」(10日、札幌ドーム)

来日初の一塁スタメン出場となった阪神・サンズがハッスルプレーを見せた。1-0の六回1死一、二塁。西川のライナーをノーバウンドでキャッチすると、飛び出していた一塁走者・浅間に体を預けるようにタッチした。日本ハム・栗山監督はリクエストを要求し、リプレー検証したが、判定は覆られなかった。

サンズは韓国時代から外野手。今年2月のキャンプから佐藤輝やロハスが加入したことを受け、一塁守備練習に取り組んでいた。その他のプレーもそつなくこなし、日本では初めての一塁守備という事実ながら、違和感を抱かせなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加