大舞台でこそ輝くドリブル突破に三笘薫「サポーターの声援が沸きやすい」

大舞台でこそ輝くドリブル突破に三笘薫「サポーターの声援が沸きやすい」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/11/25

日本代表MF三笘薫(ブライトン)が25日、報道陣の取材に応じ、カタールW杯グループリーグ第2戦コスタリカ戦(27日・アルラーヤン)に向けて意気込みを語った。23日のドイツ戦では後半12分からの出場で左ウイングバックに入り、勢いに乗ったドリブル突破と粘り強い守備で逆転勝利に貢献。コスタリカ戦では大幅なメンバー変更が予想される中、先発での出番もありそうだ。

三笘は対戦相手のコスタリカについて「守備のチームなので1点入った時にメンタル的に落ちやすいというのがあると思うし、相手が出てくると思うのでスペースは生まれやすくて戦いやすいと思うけど、もし1点やられてきた時の固めはすごいチームだと思うので慎重に入らないといけない」と分析。「ボールは持てると思うし、連動してくる守備はあんまり得意ではないと思うので、中盤にスペースができた時に背後を狙うところであったり、相手が3枚・5枚で守ってくる時もあるので、そこでの崩し方はチームで共有しながら、しっかりカウンターを対策しないといけない」と戦い方を見極めていた。

ドイツ戦では同点ゴールの起点となった攻撃への関与だけでなく、相手のパワープレーに対応する守備でも存在感を発揮。「普段、(長友)佑都さんたちの守備を見ていたのでああいうところはやらないといけないと思っていたし、ユニオンでもブライトンでもやってきていた。相手もニャブリ選手、ホフマン選手と高さがないぶん、勝たなきゃいけないと思っていた」。欧州移籍後、推進力を買われて起用されてきたウイングバックの持ち場で「海外に来て初めてやって、その経験が活きた。ここで活きるとは思わなかったけど、その経験があったから余裕を持って入れた」と成長の跡を見せつけた。

また代名詞のドリブル突破はドイツ相手にも通用した。「2枚ついてきたというよりは2枚つかせるプレーをしていたところがある」という判断も光り、「前に圧をかけることで相手も後ろ向きになって行ったし、自分たちの戦術がハマった」とチームとしても機能。さらには「自分のドリブル、剥がすところは局面を変えやすいし、サポーターの皆さんも声援が沸きやすい。そういうところを力にしようと常に思っている」と三笘。W杯という大舞台だからこそ輝く価値を表現してみせた。

それでも戦いはここから。ドイツ戦の勝利を「僕はサプライズだと思う。全世界がサプライズだと思っている」とニヤリと振り返った25歳は「でも切り替えないといけない。終わったことなので、全ての人が切り替えてコスタリカ戦に臨む必要がある」と気を引き締め、次のコスタリカ戦を見据えていた。

(取材・文 竹内達也)▶「FIFAワールドカップ」ABEMAで全64試合を無料生中継!ハイライト無料配信!
★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加