三重県で56人コロナ感染 県職員感染で同じフロアの29人検査へ、9月15日発表

  • 福井新聞ONLINE
  • 更新日:2021/09/15

三重県と四日市市は9月15日、新型コロナウイルスに感染して入院していた70代女性の死亡と、56人の感染を確認したと発表した。県内の死者は計150人、感染者は計1万4278人になった。

県によると、県庁で総務部の職員1人の感染が確認された。県は同じ1階で勤務する29人の職員らを検査する。

⇒【記事】妊娠中、授乳中のワクチン接種は大丈夫?

福井県は9月30日まで独自の「福井県感染拡大特別警報」を発令。旅行や帰省など県外との往来は原則中止、延期するよう呼び掛けている。全国の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の対象地域は以下の通り。

【緊急事態宣言】
▽東京都、北海道、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県、岐阜県、愛知県、静岡県、滋賀県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、沖縄県(9月30日まで)

【まん延防止等重点措置】
▽宮城県、福島県、石川県、岡山県、香川県、宮崎県、熊本県、鹿児島県(9月30日まで)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加