「父の死に立ち会いたい」死刑囚の娘が裁判所に嘆願

「父の死に立ち会いたい」死刑囚の娘が裁判所に嘆願

  • 女性自身
  • 更新日:2022/11/25
No image

すべての画像を見る/a>

米ミズーリ州セントルイスで今月29日に死刑が執行される囚人の娘が、父親の死刑に立ち会う許可を求めて連邦裁判所に訴え出た。NBC NEWSが報じている。

ケヴィン・ジョンソン(37)死刑囚は2005年、警官を殺害した罪で逮捕・起訴され、その後死刑判決を受けた。刑の執行は29日に予定されているが、19歳の娘コーリー・ラミーさんが死刑の立ち会いを希望しているという。

収監された時、ラミーさんは2歳だった。共に暮らした年月はわずかだが、面会や電話、メールなどで父親とは親交を深め続けていた。先月は生まれたばかりの息子を祖父に会わせるために、子連れで刑務所へ面会に訪れていたという。

ミズーリ州では、21歳未満の死刑立ち会いを法律で禁じられている。しかし、ラミーさんは「人生で最も大切な人」である父が死ぬ瞬間、そのそばにいることを求めているという。

彼女は法廷で、「もし、父や病院で死期を迎えていたなら、私は父のそばに座って手を握りながら亡くなるまで祈るでしょう。父の支えとして、私の悲しみのプロセスにおいて必要な心の支えとして、そして、私の心の安寧のために」と判事に向けて語ったとNBC NEWSは伝えている。

ジョンソン死刑囚の弁護団は一貫して、被告が黒人で被害者が白人警官であったことから、裁判に人種差別的な要素があったとして執行の停止を求めていた。しかし23日、ミズーリ州裁判所により弁護団の申し立ては却下され、予定通り死刑が執行される見込みとなっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加